【こぶ黒・ハンバーグ】まつもと牧場 通販 北海道新ひだか町

まつもと牧場・昆布を食べて育つ黒毛和牛こぶ黒のハンバーグ 通販 グルメ

北海道新ひだか町三石川上にある「まつもと牧場」の「こぶ黒(コブクロ)黒毛和牛」が、青空レストラン(2018年8月18日(土)放送)で取り上げられました。

どうもハットです。( ^^) _旦~~。
まつもと牧場さんの自慢の牛肉「こぶ黒」は、北海道、日高トクさんの日高昆布を食べて育った黒毛和牛で、昆布(こぶ)と黒毛(くろ)を合わせた「こぶ黒」と名付けられました。

まつもと牧場では、和牛の一貫生産体制を行うことで、繁殖から肥育、そして出荷まで全てを行う牧場で、そのため牛の状態を把握することができるため、安全・安心を確実に自信を持って牛肉を私たちにお届けしてくれます。

青空レストランで、ゲストの森三中さんが出ていましたが、MCの宮川大輔さんと、こぶ黒(新ひだか・みついし産の黒毛和牛)の希少で贅沢な牛肉で作った絶品料理に「旨い!」「うま~い」と絶賛していました。

そして、青空レストランのお取り寄せになったのは、「こぶ黒100%ハンバーグ」、「こぶ黒・番組オリジナルセット」です。

まず、こぶ黒100%ハンバーグはこのような商品です。

スポンサーリンク

北海道新ひだか町 こぶ黒100%ハンバーグ(まつもと牧場)通販

まつもと牧場・昆布を食べて育つ黒毛和牛こぶ黒のハンバーグ 通販

濃厚な赤身の旨さ、とろける脂の「まつもと牧場」新ひだか町みついし産黒毛和牛「こぶ黒」100%から作られる絶品のハンバーグ。

無添加で手作りにこだわり、味付けはシンプルに塩と胡椒のみ。

手ごねにこだわった「こぶ黒和牛100%」のハンバーグです。

こぶ黒・ハンバーグの焼き方(調理方法)

こぶ黒ハンバーグの美味しい焼き方です。

フライパンに(油はひかない)凍ったままのハンバーグを入れ、蓋をせずに弱火で10分ほど焼いたら、ひっくり返して7分ほど焼き、美味しそうな焼き色が付きましたら竹串などでさして透明な肉汁が出ればおいしいコブクロハンバーグの完成です。

とても簡単ですね。
焼く際に冷凍されたこぶ黒は解凍による水分と、こぶ黒和牛本来の上質な油でフライパンに油をひかなくても焦げ付かず美味しく焼けるということでしょうか?

北海道新ひだか町「こぶ黒」番組オリジナルセット

番組に登場した「ねぎまみれ」に使った「トウガラシ」と、ハンバーグに使用した「ぱらぱらミンチ」を数量限定で販売します。

日高昆布と仕上げた期には北海道産もち米を与えて育った「こぶ黒」を、生肉からお試しいただけるセットになります。

トウガラシ・牛肩の中のお肉で唐辛子の形に似ていることが名称の由来。
程よい噛みごたえと味の濃さが特徴で、シンプルな調理法がオススメ。
焼肉用・煮込みなど(焼肉がいいですよ)

ぱらぱらミンチ・牛肩・牛もも肉などの赤身のお肉を良質な脂をバランス良く配合したものです。
急速冷凍をかけ、ぱらぱらに仕上げている為、冷凍のまま調理に使えるのが嬉しい。
ハンバーグやミートソースにオススメ。

青空レストランの公式ショップで購入できます。

まとめ

青空レストランで、まつもと牧場の日高昆布を食べて育った黒毛和牛「こぶ黒」が紹介!

舌の上で、ゆっくりととろけるような肉は甘みとコクを感じながらも、きめ細かくさらっとほどけるような食感。

やわらかいだけでなく、牛肉が本来持つ旨みを感じることができる「まつもと牧場・新ひだか町 みついし産黒毛和牛」こぶ黒です。

お取り寄せには、こぶ黒ハンバーグと、番組限定セットです。

最後までご覧いただきありがとうござました。
それではまた~。

コメント