三陸産帆立とコラーゲンのXO醤(青空レストラン)調味料・XO醤

広島レモン よしの味噌「瀬戸内 潮風れもんらーめん」が旨そう!

レモンラーメン「よしの味噌 広島れもん」瀬戸内 潮風れもん ズムサタ グルメ

生産量日本一のレモンで作る、瀬戸内 潮風れもんらーめん!

どうもハットです。( ^^) _旦~~

ズームインサタデー(2018年6月30日放送)のグルメコーナー「きょうナニたべたい食堂」はさわやか料理がテーマ!

そこで、紹介された料理がラーメン。
ただのラーメンではなく、広島県にあるお店「よしの味噌」のお取り寄せできるレモンを使ったラーメンです。

「レモン×ラーメン」?
上手いのかな…。

広島はレモンの生産量日本一で、レモン関連の商品も多く、広島や岡山のラーメン店などでは、れもんらーめんのメニューが普通に販売されているそうですよ。

広島県は5年前から隠れた名産をPRする運動を行っていて、その名も広島県観光大使 有吉弘行プレゼンツ「おしい!広島県『全力歓迎課!』発足」。全国的にあまり知られていないことが実におしい!ことから付けられたタイトル。

その中で注目されたのが生産量日本一を誇る広島のレモン。
日本一なのにあまり知られていない惜しい名産品のレモンを生かしれもんらーめんが誕生したそうです。

スポンサーリンク

瀬戸内 潮風れもんらーめん(よしの味噌)

  • 瀬戸内 潮風れもんらーめん(2食入り) 648円

1食300円か、まあまあ高い。
だって、麺とタレだけでしょ。

もちろん道の駅やSAなどのお土産コーナーにも売ってるだろうからお土産価格ですかね?

たぶんですけど、地元のスーパーでは広島の製麺所などの企業が1食150円くらいで即席麺を販売してる気がしますけどね。

もしや1食300円になってしまう「よしの味噌」のこだわりがあるのかも?

ネット通販で購入できるようですね。

広島レモンの特長は、皮に苦味が少なくまるごと食べられること。
これを生かしてレモンを丸ごとすりつぶして作ったのがレモンラーメンです。

こう聞くと、けっこうレモンをまるごと使ってすりつぶしてと、手間がかかっているのはわかりますね。

そして、レモンの値段も考慮すると300円は妥当なのかなと思ってきました。もちろん使っているレモンは店頭には出せないちょっとした傷があったりしたものだろうとは思いますが、生産者さんの苦労からすればそこそこの値段で買い取ってほしいですよね。

それからパッケージも可愛いオシャレな感じでそのままギフトとしても良さそうですね。

まとめ

広島県名産のレモンを使ったよしの味噌のラーメン「れもんらーめん」がズムサタで紹介されました。

広島レモンラーメンは、「おしい!広島県『全力歓迎課!』発足」で誕生!

広島県の名産レモンは皮まで食べられるレモンで、ラーメンにはレモンが丸ごとすりつぶして入っているそうで、さっぱりとしクセになる味だそうです。

また、TBS「マツコの知らない世界」では、よしの味噌の商品で「広島れもん鍋のもと」が美肌効果があると女性に大人気のヘルシー鍋として紹介されたようで、こちらも人気です。

レモンの薫り高く清涼感が抜群!「広島レモン」を贅沢に丸ごと使用。
魔法の調味料「塩麹」もプラスした爽やかなお鍋の素で、5倍希釈で簡単に調理ができるというもので、肉、魚、野菜など食材を選ばないあっさりとした味わいに仕上がると、ハマっちゃう人が続出なヤバイ鍋の素だそうですよ。

レモン鍋も食べてみたくなりますね。
興味のある方は広島に行ったらぜひ食べて見て下さい。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ではまた~。

コメント