吉野葛(奈良)葛餅が美味しそう!秘密のケンミンショー

【青空レストラン】行者菜フランクフルト 草岡ハム ジャンボフランク 販売

行者菜フランクフルト 青空レストラン お取り寄せ 山形県長井市 グルメ

青空レストラン(2018年8月4日放送)は、山形県長井市へ。

今日の食材は「行者菜」です。

行者菜とは?
ニラと行者ニンニクのどちらの特徴も併せ持った元気モリモリのスタミナ野菜です。
宇都宮大学農学部のグループが「ぎょうじゃにんにく」+「にら」から育成した新しい野菜です。

どうもハットです。( ^^) _旦~~。
行者にんにくは知っていますが、行者菜は初めて聞きました。

お取り寄せには、行者菜を使った「行者菜ジャンボフランク」です。

スポンサーリンク

行者菜フランクフルト(草岡ハム)

青空レストランのお取り寄せに選ばれたのは、草岡ハムの行者菜フランクフルトです。

芳醇なスモークの香りと、栄養価の高い行者菜の豊かな風味が混じり合った、食欲をそそる逸品です。

行者菜フランクフルトは、地元山形県産の豚肉を原料に、香辛料と共に長井市特産の行者菜を練り込み、通常より大きいサイズに作ったジャンボフランクフルトです。

詰める腸も天然の豚肉の腸を使用しているので、パリッとした食感が味わえます。

こちらは「草岡ハムこだわり手づくりソーセージセット」です。

確かな素材、伝統の技術で製造した山形県置賜地方の至極のソーセージです。

こちらのセットは、

  • フランクフルト
  • 行者菜ウインナー
  • ウインナーソーセージ

草岡ハムは、大木市蔵氏(日本のハム、ソーセージの師)以来の製造方法を頑固に守り続けるこだわりの製法で作っています。

こだわりが凄い!
燻製品の命というべき燻煙方法は、製造者が自ら割った山桜の薪、チップを燻煙剤にして、レンガ造りの直火燻製室で行います。

「行者菜(ぎょうじゃな)」とは宇都宮大学農学部のグループが「ぎょうじゃにんにく」+「にら」から育成した新しい野菜です。

行者菜(山形産)

行者にんにくとニラを交配させて誕生した新野菜。

発送時期は、5月~9月中旬

行者にんにくとニラから誕生した新野菜「行者菜」。
根元の茎は太く、葉はニラのように平たく伸びているのが特徴で、食欲を増進させるようなにんにくの香りとシャキシャキの歯ごたえがあり、栄養が豊富なことから滋養強壮にも良い野菜です。

山形県長井市で農薬を一切使用せず栽培した行者菜は、生の状態では「香り」を楽しみ、調理後は「味」を楽しむ事ができます。

お肉との相性も抜群で、和食や洋食など幅広い料理によく合います。

行者菜(山形県長井市)青空レストランはSNS(Twitter)でも話題!

まとめ

青空レストランは、山形県長井市で行者にんにくとニラを交配させた「行者菜」です。

行者菜は、食欲増進や疲労回復、夏に食べたい最強の野菜だとか。

乾杯では、ジューシーメンチカツにモチモチ水餃子、スタミナ満点料理をモリモリ食べて「うまーい」。

行者菜を使ったソーセージなどがお取り寄せになりました。

最後までご覧いただきありがとうござました。
それではまた~。

青空レストラン、MC:宮川大輔さん、ゲスト:陣内智則さん

コメント