フルーツのように甘い!生で食べれる【葉つきこかぶ】青森県野辺地

生で食べれる野辺地葉つきこかぶ 青森県 NHKうまいッ!通販 グルメ

NHK「うまいッ!」(2018年8月26日(日)放送)は、青森県野辺地町(のへじ)の特産品の葉つきこかぶ「野辺地葉つきこんぶ」が取り上げられました。タレントのIMALUさんが食材ハンターとなり、カブ農家・生産者の亀田健吾さんの現場を訪ね、おいしさの秘密に迫りました。

どうもハットです。( ^^) _旦~~。
青森県・野辺地町で栽培されている葉つきこかぶが紹介されました。
「野辺地葉つきこかぶ」は手で剥けるほど白根が柔らかくてフルーツのように甘いのが特徴だそうです。
番組ではフルーツの柿のように甘くジューシーと紹介されています。

葉つきで出荷され、白根から葉までまるごと食べれます。
青森県では、カブの葉っぱを手で持ってカブをまるごとガブリと食べる光景が普通にあるんです。

スポンサーリンク

青森県・野辺地町「野辺地葉つきこかぶ」うまい!美味しさの秘密

楽天市場 野辺地葉つきこかぶ

野辺地の昼と夜の寒暖差でカブが甘くなります。
日中、かぶは光合成を活発に行い、葉で糖を作ります。
そして、作られた糖は白根に移動します。

夜、気温が下がると、かぶの呼吸は減少し、その分、呼吸に使われる糖分が節約できて、甘いカブになるんだそうです。

野辺地で栽培に使われているのは、火山灰土から出来た黒土で、黒土は粒子が細かく柔らかいのが特徴。

かぶは土の圧力を受けにくく、白根が固くならずに柔らかく育つといいます。

生産者:亀田健吾さん(39歳)
野辺地町で葉つきこかぶを作っている農家の2代目。
父親、母親、妻、一家でかぶの栽培をしています。

専門家・ゲスト:立川裕信さん
35年間、かぶや大根など、根菜類の品種開発の研究をしている種苗メーカーの研究員。

JAゆうき青森の葉つきこかぶ

野辺地町を中心に栽培し、全国的にもブランド品として有名な葉つきこかぶ「野辺地葉つきこかぶ」として平成19年に標章登録を得ています。

夏場のこかぶとして市場や消費者の方々からも高い評価を得ています。

店名:JAゆうき青森
所在地:青森県上北郡東北町字素柄邸82番3
電話:0175-72-1414

まるでフルーツ?「葉つきこかぶ」は根から葉まで余すことなくまるごと食べられるカブです。

葉がまるごとついてフルーツのような甘みと柔らかい食感が特徴で、生で食べることができます。
品質と鮮度をなによりも重視するため、夜明け前の早朝から収穫を始めます。
気温の低い朝方に収穫しその日のうちに出荷するため、葉もシャキシャキとした歯ざわりで、根から葉まで余すことなく食べられるのが人気の理由になっています。

良物だけを全国へ出荷する!徹底した品質管理でブランド化「葉つきこかぶ」

JAこかぶ部会というのがあり、良品のみを出荷するという徹底した品質管理でブランド化を確立しています。
鮮度のいいものだけ、本当に美味しいものだけを妥協せずに、厳しい品質、規格のチェックを経てやっと店頭に並びます。

生産者のこかぶ部会、毛利勝廣さんは、収穫は毎日、気温が低い夜明け前から行います。
今朝も1時半に起きて収穫。これもおいしいこかぶを皆様に届けたいから。葉っぱはシャキシャキ根(かぶ)は甘くて柔らか。
本当においしいので食べてみてください。

青森県野辺地町ってどんなところ?

野辺地町は、青森県下北半島の基部陸奥湾の湾頭に位置する町である。気候はヤマセの影響を受け1年を通じて冷涼であり、冬は県内でも有数の豪雪地帯です。

人と、自然と、味めぐり。
歴史・文化・育む人々、そして自然と、旨いもの。
めぐりどころ満載「野辺地町」です。

復元北前型弁才船「みちのく丸」

日本古来の和船の建造技術や歴史を後世に伝えるために、船大工16名によって建造された自走できる復元船。
平成17年に完成し、北前船の一大寄港地として栄えた野辺地町へ、平成26年に寄贈されました。

野辺地観光パンフレットのダウンロードができます。

青森県野辺地観光パンフレットのダウンロード

ダウンロード 野辺地町観光パンフレット【PDF形式】

お問い合わせ・お取り寄せ申込先
野辺地町地域戦略課 地域振興担当
電話:0175-64-2111

のへじふるさと納税

ふるさと納税とは?
皆様からの「ふるさとを応援したい」、「ふるさとのために何かしたい」という思いを寄附金という形で実現できる制度です。
寄附をいただいた場合は、所得税や現在住んでいる自治体の住民税が、一定限度まで減税されます。
(確定申告の手続きが必要です。)
野辺地町で生まれ育ったあなた。
ご両親などご家庭が野辺地町に住んでいるあなた。
野辺地町を訪れたことがあり、野辺地町をこよなく愛するあなた。
野辺地町に縁があるあなた。
豊かな自然、歴史と文化を大切に、活力と夢に満ち溢れた躍動感あるまちづくりを進める野辺地町に、ぜひあなたのご支援をお寄せください。
(野辺地町HPより引用)

  • 寄附金の活用状況
  • ご寄付のお申込み方法
  • 寄附者への記念品(お礼の品について)
  • 寄附金の実績(平成21年度~平成29年度)

などの詳しい情報はこちら

→ のへじふるさと納税について

まとめ

NHKうまいッ!では、青森県野辺地町の特産品である「野辺地・葉つきこかぶ」が取り上げられました。

まるでフルーツのように甘くおいしいかぶは、傷まないように夜明け前、日が昇る前(深夜から準備)に収穫をします。

朝露が上がってパリパリしているうちに採って、鮮度の良い状態で出荷します。

こかぶは、種を撒いてから40日ほどで収穫ができます。
5月~10月の間に種植えと収穫を繰り返します。

鮮度を保つため、朝早くから収穫し、収穫したその日に洗浄し出荷するという徹底した品質管理をしておいしい状態でお届け出来るよう生産者さんが愛情と誇りを持ってがんばっています。

最後までご覧いただきありがとうござました。
それではまた~。
(葉つきこかぶの画像:NHKうまいッ!HPより引用)

コメント