吉野葛(奈良)葛餅が美味しそう!秘密のケンミンショー

栃木県産ブランド牛「とちぎ和牛」いのお飯で紹介!旨そう!

とちぎ和牛(匠)伊野尾慧(いのお飯)旨そう! グルメ

めざましテレビ(2018年7月19日放送)の伊野尾慧さんのグルメコーナー「いのお飯」は、「夏バテ防止に!」栃木県産ブランド「とちぎ和牛」が取り上げられました。

栃木県産ブランド牛とちぎ和牛とは?
最高位「名誉賞」(平成30年度 全農肉牛枝肉共励会)

番組で食べた「とちぎ和牛」の料理は?

  • 【ネギポン酢】牛しゃぶ とろろご飯
  • 牛肉とネギのスープ
    (牛肉、長ネギ、わかめ、鳥ガラスープ、ゴマ油、白ゴマ、塩、コショウ)
スポンサーリンク

栃木県産ブランド牛『とちぎ和牛』

とちぎ和牛匠A-5 特上霜降りローストビーフは、ローストビーフの最高峰とちぎ和牛「匠」モモ肉使用。

究極をめざすことは、美味しいこと。
【ローストビーフの究極】をテーマに最高級の和牛モモ肉を使用!

この道50年以上の肉匠が選び抜いた「とちぎ黒毛和牛」のてっぺんをご賞味ください。

日本一全国品評会「最高位賞受賞」
栃木県が誇る最上級とちぎ和牛「匠」とは?
本物の極上和牛の美味しさとは?
その答えを教えてくれる和牛があります。

  • 全国の品評会で直近6年間に最高位賞を4回も受賞した。
    まさに日本一の銘柄牛です。
  • A5等級かつBMS(牛脂肪交雑基準)
    10以上の最上級ランクのみ。
  • 匠はその「とちぎ和牛」の中でも上位10%に満たない、とても希少価値の高い牛肉です。

英国王室御用達の天然塩マルドンシーソルトや世界中から厳選した香辛料、たっぷりの香味野菜やハーブと合わせ、丹念に1か月熟成させた和牛モモ肉を1400℃の強火で表面のみ焼き上げ、素材のコクと旨味を閉じ込めます。

さらにその後、低温で10時間以上じっくりと火入れして風味を凝縮。
イギリス伝統のローストビーフを、豊潤な味わい薫る肉の芸術品へと昇華させました。

マルドンシーソルトとは?
世界の有名シェフが指名する塩は「英国王室御用達」です。

マルドンクリスタルソルトカンパニーは、イングランドの東部エッセクス地方で、200年以上にわたり塩の生産を行ってきました。
中世以前より塩作りが盛んな地域でしたが、産業化が進み伝統的な平釜で塩作りをしているメーカーは徐々に減っていきました。
エセックス地方において伝統的製法を継承している製塩所は、現在マルドンのOsborne家のみとなっています。

おいしいローストビーフの召し上がり方

舌に触れた瞬間に流れ出す霜降りのとろける甘み。
静かな液が寄せるように広がるピュアな香り。
噛むほどにあふれる濃厚な味わい。
時間差で広がる奥深い口どけが、五感の全てを魅了する食の体験へと誘います。

  • 常温にもどしてから舌の上で10秒ほど転がすと、上質な肉の香りと旨味が口いっぱいに拡がります。
  • 温野菜などを添え付属のソースで。
    食卓がレストランのように。
  • 牛肉料理には定番のレホールを添えて。
    心地よい香りと刺激が素材本来の風味を際立たせます。
  • 醤油とわさびも、豊潤な黒毛和牛には好相性です。
    ポン酢や、マヨネーズ&マスタードなどもオススメ。
  • たっぷりの生野菜と一緒にサラダにしたり、お寿司やサンドイッチなどのアレンジ料理にもオススメ。

まとめ

「いのお飯」は、栃木県産ブランド牛「とちぎ和牛」です。
栃木県が誇る「とちぎ和牛 匠」という最高級のブランドを使用したローストビーフについてまとめました。

コメント