ヤマロク醤油(鶴醤、菊醤)アンビリバボー 在庫 お取り寄せ

アンビリバボーでヤマロク醤油が取り上げられました。

2倍の原料と歳月をかけ、再仕込み製法によりコクとまろやかさを極限まで引き出した「鶴醤」。

再仕込み製法を用いて造るこの醤油は約2年の熟成期間を経て完成した生醤油を、商品にすることなくもう一度樽に戻し、再び原料(塩以外)を加えて、もう2年ほど仕込む二度仕込み。

楽天市場 ヤマロク醤油 2本詰 (鶴醤1本、菊醤1本)

2倍の原料と歳月を加え自然の力でゆっくり育てること。塩の代わりに、かどのとれた生醤油の塩分を利用することで、これまでに深いコクと香り、まろやかに引き出しました。

深いコクとまろやかさを追求した「鶴醤」に対して、「菊醤」は原料にこだわり、あっさりとしたキレのある旨みと、口の中でほんのり香る甘みとコクを引き出した正統派のお醤油です。

原料には旨み成分が強い大粒の「丹波黒豆」を使用。小麦はうどんの本場、香川県産の「讃岐の夢2000」を使用しました。あっさり目の味に加え、高貴な香りと端麗な色も特徴なことから、特に女性に人気が高いお醤油です。かけ醤油としてもちろん、野菜の煮物など、色を綺麗に仕上げたいお料理にも最適です。

スポンサーリンク

ヤマロク醤油のもろみ樽

三十二石(約6000リットル)の大杉樽を使用しています。中には150年以上使われている桶樽も。

国内に現在3000~4000本残っていると言われると大杉樽のうち、小豆島には1000本以上の樽が残っており、これだけ醤油蔵が密集している地域は他に類を見ません。

もろみ蔵は100年以上前(明治初期)に建てられ、国の登録有形文化財(第37-0182~0184)に指定されています。木造平屋で床は土間、壁は土壁。梁や土壁、土間の中には百種類という酵母菌や乳酸菌たちが暮らしている。まさに「生きる蔵」です。

鶴醤 再仕込み醤油(本醸造)
菊醤 濃口醤油(本醸造)

製造日より2年

製造者:ヤマロク醤油(株)

コメント