めざましテレビで紹介の壁にくっつくスマホケースが欲しい にこるん

今朝のめざましテレビで、新生活スタートで衣替え、凄すぎる最新のスマホケース「壁にくっつくスマホケース」が紹介されていたんだけど、めちゃくちゃ欲しいんですけどー。

商品名は「WAYLLY(ウェイリー)」で価格は2,980円くらいで買える。

類似品買って壁から落ちても嫌なのでここは正規品を買おうかな。

けっこういろんなところにくっつくから楽しそう。

Android用はないのかなー。

調べて出てくるのは、iPhone用ですね。

で、何でくっつくのかというと、表面にナノレベルの細かい、小さな吸盤が集まっているからガラスや壁などのツルツルした面に吸着するってわけです。

くっつける場所がツルツルしていたら、公園の遊具などの丸い棒状のポールにもくっついてしまう優れもの。

ポールなどがあれば、スマホスタンドが無くても自撮りが簡単にできる。

公園でブランコをしながらボッチ撮りもできるから友達と一緒にいると思わせることもできるわけだ。(ぼっちの私には強い味方です)。

スポンサーリンク

WAYLLY(ウェイリー)とは?

クラウドファンディングで支援をしてもらい製品化したもので、数多くの芸能人をはじめ、インスタグラマーやモデル、コスプレイヤー、ユーチューバー、ダンサーなどから支持されている話題のスマホケース。

テレビでも紹介される機会が多く、先日には、ヒルナンデスのコーナーで、藤田ニコル(にこるん)、モデル・マギーが紹介していたそうで、トレンド通の人は当たり前のように知ってるものらしい。

何のための目的で作られたのか、用途は、インスタ映えを意識している若者に新たなセルフィーグッズ(自撮り、携帯ホルダー、携帯スタンドなど)として、注目されているけれど、実際、家の中でも活躍する場が多い。

キッチンの平らな壁に携帯を貼り付け、レシピを見ながら料理をしたりといろいろと活用はできるということ。

あとは何があるかな。生配信用のスタンドとしても良いかなと思ったけれど、平らな場所がそうないことに気づくのでそれは却下。

ダンスする人でスタジオの鏡につけて動画の撮影などするのもいいかもね。

吸着力の耐久性はどうなの?

買ってもすぐに吸着力が損なわれて遣い物にならないのであれば買っても勿体ないと思うのは私だけだろうか?

特殊技術「NANOSUCTION」

ナノ素材の吸盤がツルツルした素材に完全吸着。ツルツルした面であれば、どこにでもくっつく!

ナノレベルの吸盤数約2500万個以上を搭載している。そしてゴミがつきにくい特殊加工済み。

粘着度が落ちても濡れた布巾や、水で洗い流す事で粘着力が何度でも復活するので心強い。

いぬ
いぬ

吸盤数が2500個じゃなくて2500万個ってのがスゴイ!相当細かい吸盤がついてるんだね。

ただくっつくだけではない!

ここ注目!

衝撃保護+衝撃吸収(SHOCK PRPTECTION TECHNOLOGY)を搭載。外枠には、柔らかくて丈夫な高級TPU素材を超使用してる。

カメラの位置、イヤホンジャックもちゃんと対応してるし、音量ボタン、電源ボタンもきっちりホコリからガードし、ソフトな押し心地で余計な力はいらない。

あとサイドは滑りにくい加工が施され、表面の枠縁はスマホ本体のディスプレイ(画面)よりも1.1mm高いので、ディスプレイの周りも安全に守ってくれる。

使用にあたっての質問と回答(Q&A)

Q.どこでもくっつくのか?

平面のところには基本くっつきます。吸盤をガラスや鏡、金属などの平面な滑らかな素材に押し当てることで真空状態となり、貼り付けることが可能となります。逆に押し当てて真空にならな凹凸があるところやザラザラしたところにはくっつきにくい。

Q.対応機種はなに?

対応機種はiPhoneのみ。Android端末には対応してないです。

Q.自撮りをしたい、セルフタイマーで撮ることは可能?

もちろん、セルフタイマーを使って撮影も可能です。お気に入りのアプリも使えます。

まとめ

今朝のめざましテレビでWAYLLY(壁にくっつく携帯スマホケース)が紹介されました。平らな面であればどこでもくっついてしまうスゴレものでした。いろんな場面で活躍しそうですね。

コメント