絶品ご飯のお供!烏骨鶏 煮こごり茶漬け 烏鶏庵

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本テレビ「ズームインサタデー」(2017年9月16日放送)の「きょうナニたべたい食堂」は、お米を使った料理です。

烏鶏庵 烏骨鶏 煮こごり茶漬け

今回紹介されたのは、烏鶏庵の烏骨鶏「煮こごり茶漬け」です。

スポンサーリンク
広告336

烏鶏庵 烏骨鶏 煮こごり茶漬け

貴重な烏骨鶏の肉を使った、贅沢な一椀。

素材のもつ魅力を最大限に使った、天来烏骨鶏の煮こごり茶漬けです。

長時間にわたり煮込んだスープを、滋味豊富な烏骨鶏肉と合わせ仕上げました。

その間、付きっきりで素材と向き合う職人の妥協のない製法が、美味しく、そして味わい深いこだわりの逸品を生み出します。

ご飯の上にのせ、お湯をかけてお召し上がりください。(烏鶏庵HPより)

また、お茶漬けとしてだけでなく、工夫次第で様々な料理にも使えます。

サラダを盛り付けた後のドレッシングや炊き込みご飯のもととして。またはそのままカップに入れお湯に溶かし、スープとしても美味しくお召し上がりいただけます。酒の肴としても。何も加えずそのまま食べるのもお勧めです。

美味しさと栄養を、ぎゅっと凝縮しました。

煮こごり茶漬けの魅力は、素材のメインである烏骨鶏にあります。

地元・金沢の竹林に囲まれた静かな農場で、烏骨鶏はのびのびと育ちます。美味しく栄養たっぷりのエサは、こだわり抜かれた特別なブレンド。烏骨鶏のおいしさの秘訣は、烏骨鶏の並々ならぬこだわりから生みだされています。

煮こごり茶漬けには、栄養がぎゅっとたくわえられた、烏骨鶏のそぼろを使用。お湯をかけることによって、温められた肉の「うまみ」が香りとともに溶け出します。

こだわりのスープと絡めていただく、熱々ごはんとの相性は抜群です。

からだにも美味しい「煮こごり茶漬け」は贈り物としても魅力的です。

烏骨鶏 煮こごり茶漬け お召し上がり方

烏骨鶏煮こごり茶漬けのフタをあけ、中身を温かいごはんの上にのせます。その上から熱湯、または温かい茶を注ぎ、煮こごりを溶かしながらお召し上がりください。

煮こごり1個に対しての目安は、ごはん:100g、熱湯または温かいお茶:100ccです。

株式会社烏骨鶏CO
石川県金沢市西念4丁目21番18号
TEL076-232-4255【代】

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする