中居正広さん、世界に一つだけの花の歌詞を忘れてファンにマイク向ける

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

SMAPの中居正広が、11日に放送されたテレビ朝日系バラエティ番組『中居正広のミになる図書館』(毎週火曜23:15~24:15)で、SMAPのライブで「世界に一つだけの花」の歌詞を忘れたエピソードを語り、その説明の中で自身のパートである冒頭部分を歌った。

出典:マイナビニュース

そんなバカな(笑)。

スポンサーリンク
広告336

サビでもないのにAメロでファンにマイクを向けた!

中居正広さんは、世界に一つだけの花の最初の歌詞「花屋の~」の部分を歌う担当だが、ライブでど忘れした。隣にいた香取慎吾さんに「俺のAメロの歌詞、何?」と助けを求めたが、「知らねーよ」と突き放されたという。

そこで、中居正広さんがとった行動は、「花屋のタッタララ~」と鼻歌でごまかし、すぐにファンにマイクを向けたという。

サビでファンにマイクを向けるのはわかるが、曲が始まったばかりのAメロでファンに向けるやつはいないと中居正広さんが話してました。

香取慎吾さんの「知らねーよ」には驚きました。まさか忘れるはずはないということで、中居正広さんのボケだと思ってツッコミを入れたのでしょうかね。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

あなたにおすすめの記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする