サザエさんの視聴率が悪くなっている原因は?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 日本が誇る国民的アニメ『サザエさん』、『ちびまる子ちゃん』(ともにフジテレビ系)が瀕死状態にあると話題になっている。なんと今月14日の放送の視聴率が『サザエさん』8.2%、『ちびまる子ちゃん』4.9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区、以下同)と、数年前を考えると想像できないような数字を記録したのだ。これには「サザエさんも二桁行かなくなったな」「20%いってた頃が懐かしいなあ」「普通に悲しい、時代の移り変わりを感じる」「フジテレビ完全終了のお知らせ」と驚きの声が多く上がっている。

出典:おたぽる

普段、この時間にはテレビを観ていないんだけど、たまたまこの前にサザエさんを観た。感想はサザエさんってこんなだった?という印象だった。キャラが変わってるような気がした。すごく違和感があった。ネタがなくなったのかな。カツオってあんなだったかな。面白いとは思わなかったな。カツオの見え見えの嘘とか子どもに見せたくない感じがする。全盛期は、今40代が子どもの頃だと思うんだけど、今の時代には合わなくなってきたのかな。昔は好きで観ていたんだけど。今の子どもたちとは感性が違ってきたのかな。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336