衣装メガ幸子が故障 井ノ原「装置ですもんね」に「衣装です!」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

衣装メガ幸子が故障。
「第66回NHK紅白歌合戦リハーサル」(30日、NHKホール)で、衣装メガ幸子が故障し不具合があった。

特別企画枠で、4年ぶりの紅白復帰を果たした小林幸子さん(62)がカメラリハーサルを行った際に、衣装の一部が故障し、動かせなかったという。

小林幸子さん紅白トラブル リハーサル
引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151230-00000052-dal-ent

動かせないままリハーサルを終えた。
これには、幸子さんも心配だろう。

醍醐味が故障で動かなかったなんてありえないだろう。
故障したのは、小林幸子の顔をデザインした巨大な人形のようだ。

小林幸子さんが楽曲「千本桜」の出だしを歌い上げ、いよいよという所で、ディレクターから「メガ幸子が不調です」とストップをかけられたという。

小林幸子さんというと、舞台中央に固定されて歌っていたので後を振り返れず状況を把握できないまま。

数分間、スタッフが修理を試みるも直らず。
今晩中に修理しますとのこと。

大慌てで修理作業をしていることだろう。

修理中には、白組司会の井ノ原快彦さん(イノッチ)が「リハーサルで起きて良かった」などのトークでつないでいる最中に「装置ですもんね…」と一言。

小林幸子さんは、すぐさま「いえ、衣装です!」と反論した。

本番ではアクシデントがないように祈ろう。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336