たこ焼きの原型 元祖ラヂオ焼き ズームインサタデー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ズームインサタデー(2017年8月12日放送)のグルメコーナー「きょうナニたべたい食堂」は、たこ焼きの原型、元祖ラヂオ焼きでした。

  • 元祖ラヂオ焼き(会津屋) 756円

たこ焼きの原点、昭和8年の味を復刻したラヂオ焼きです。

ラヂオ焼きはタコの代わりにコクのある「すじこん」入りです。

Rakuten ラヂオ焼き

Amazon ラヂオ焼き

Yahoo!ショッピング ラヂオ焼き

たこ焼き発祥の店。大阪名物を生んだ本家会津屋のラヂオ焼きです。

たこ焼きとはまた違った歯ごたえと味わい。

ラヂオ焼きとは、味が染みた「すじ肉」と「カリッ」とした表面の相性が抜群です。
スポンサーリンク
広告336

たこ焼き誕生前から愛され続けている逸品

大阪名物たこ焼きの起源は昭和8年、会津屋の初代遠藤留吉さんが肉、コンニャクなどを入れて焼いたラヂオ焼き(またはラジューム焼)にある。そのラヂオ焼きは今も変わらない味で親しまれています。

  • これぞ、たこ焼きの原型!

タコの代わりにすじコンを使った、たこ焼きの原型ラジオ焼き。当時の味が楽しめる。

  • たこ焼きとはまた違った味わい!

カリッとした表面、味噌風味のすじコンと、ネギの香りが共に口の中に広がる懐かしい味わい!たこ焼きに比べ甘みがありまったりとコクのある味わいが楽しめる逸品です。

  • 関西の代表的なお土産としても!

関西のお土産としてお世話になっている方へ購入しました。とても喜んでもらえてうれしかったです。

通販やお取り寄せでハマる人続出です。おいしいにはワケがあります。

カリッとした表面と、コクのある味噌風味のすじコンの相性が抜群で、そのラジオ焼きの味わいはお酒にピッタリ。

小ぶりで一口サイズなので、お酒を片手に手軽に手でつまめる逸品です。

本店の職人による手作りのラジオ焼き

本店の職人が一つ一つ丁寧に焼き上げたラジオ焼きです。焼きあがってカリカリ、とろとろの会津屋のラジオ焼きをそのままに、旨味が逃げ出さないうちに瞬時に冷凍加工を施すことで、出来上がった味をそのままにおいしくいただけます。

ラヂオ焼きのおいしい召し上がり方

8個の場合

箱から取り出し、お皿にラヂオ焼きを隙間ができるように並べる。

そのままラップなしで電子レンジで温める。(500Wで約3分が目安)4個の場合は500Wで約1分10秒が目安です。

「美味しんぼ」の77巻にラヂオ焼きが掲載されています。

以上、ズームインサタデーのきょうナニたべたい食堂でたこ焼きの原型「会津屋」のラヂオ焼きについての情報でした。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする