じゃばら 花粉症 北山村 所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ「所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!」3月11日放送からの情報です。

「一発逆転アレで儲けた村!じゃばら 花粉症」です。

やってきたのは、和歌山県北山村。

周りを山に囲まれた人口500人に満たない小さな村です。

とある理由で儲けたコチラの村では、小学生も中学生も給食費がタダ。修学旅行の旅費もタダ。何で儲けたのかというと山の畑にあるという。

それは「じゃばら」という果実。
とにかく酸っぱいという「じゃばら」実は、ゆずや紀州ミカンなどが自然交配されて出来た品種だという。

スポンサーリンク
広告336

じゃばら 花粉症

じゃばら 花粉症 所さん
出典:所さんの学校では教えてくれないそこんトコロ!

北山村産すっぱくないじゃばらジュース

楽天市場 > じゃばら

Amazon > じゃばら

なんと、このじゃばらは花粉症を軽減させる可能性があるという。

岐阜大学の先生に調べてもらったところ、花粉症の症状を軽減する可能性がある「ナリルチン」という成分が他の柑橘類に比べて、多く含まれていることがわかった。

それ以来、じゃばらは飛ぶように売れ、村を支えている。

花粉症対策に購入します。

また、じゃばらの果汁に漬け込んだ「さんま寿司」や「鶏のから揚げ」。
さらに、「大根なます」などの味付けに使われてきた。

北山村では工場で、じゃばらを飲み物やジャム、マーマレードなどに加工し「じゃばら」を使った様々な商品を展開している。