脳卒中予防のカギ「5つの血管若返り食材」とふくらはぎ体操 バイキング

テレビ「バイキング」3月7日放送からの情報です。

「脳卒中予防のカギは5つの血管若返り食材」です。

脳卒中予防の食材を「ひるたつ」が紹介します。

スポンサーリンク
広告336

血管のアンチエイジング食材

  1. 玉ねぎを薄く切り1時間放置し生で食べる。
    切って1時間経つと血液が固まるのを抑える効果がアップする。
  2. コーヒーを1日3杯飲むことで効果アップ。
    有効的な飲み方は、朝・昼・晩の食後に1杯ずつ飲む。
  3. チョコレートは1日1個半食べることで効果アップ。
    カカオ40%~60%くらいのダークチョコレートを食べる。
  4. 黒酢+こんぶで旨味&血管年齢若返り効果アップ。

    作り方
    1.黒酢を注いだタッパーに昆布を入れる。
    2.冷蔵庫で2~3時間寝かす。
    3.黒酢昆布の完成。
  5. ブルーチーズ

    ブルーチーズに含まれるLTP
    ・血圧低下
    ・血管収縮を防止する効果がある。

    おすすめのブルーチーズは、ロックフォールチーズ。
    30gくらい食べるといい。

楽天市場 > ロックフォールチーズ

Amazon > ロックフォールチーズ

1日たった5分、家事の合間にできる血管若返り体操

血管を若返らせるには血流を良くすることも大切。

血管が老化すると機能が衰える。

別名:第2の心臓といわれる「ふくらはぎ」を動かす。

  1. 肩幅に足を広げ腕を組み「威張ったポーズ」をする。
  2. カカトを両足同時に10回上げ下げします。
    ポイントは、腕ではなく肩を上げ上半身の血流も良くすること。
  3. 両手を体の横に置き、カカトを10回上げ下げする。

1セット20回を1日2回する。
朝夕でもやってみるとよい。

(血管研究の第一人者 高沢謙二 医学博士)