銀座駅の煙騒動はタバコの吸い殻が原因か

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

東京メトロ・銀座駅で26日朝、煙が充満する騒ぎがあった。

駅構内に煙が立ち込めるなどして、日比谷線が一時、運転を見合わせた。

警視庁は、タバコの吸い殻が排気ダクトに吸い込まれて引火し、煙が出た可能性もあるとみて調べている。

朝7時頃Twitterで「銀座駅 日比谷線 煙」などのキーワードが出ていたからなにかと思ったら銀座駅で火事煙がってビックリした。

テロか何かが起きたのかと一瞬思ったが、その後緊急ツイートなどはなかったので電気系の故障かなにかでボヤでも出たのかと思っていたが緊急性はないんだと安心していた。

原因は排気ダクトに吸い殻があったようだ。
普段排気ダクトなんて見ないからわからないが、吸い殻を吸い込むほどの力があるのか?

故意に誰かが入れたのか。
ゴミのポイ捨てと同感覚で投げ入れたのかはわかっていないが、火が付いたら危ないとか思わないのかな?

電車に乗れず会社などに遅れた人も多かったのではと思う。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336