菜豆腐 宮崎県椎葉村 郷土料理で冠婚葬祭で食べられる野菜豆腐 ヒルナンデス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本テレビ「ヒルナンデス」6月1日放送からの情報です。

「菜豆腐 季節によって味が激変!夏野菜入り 豆腐」です。

宮崎県椎葉村の郷土料理で冠婚葬祭で食べられている。

自家製野菜がたっぷりですが、中でも緑の野菜が「平家かぶの葉」で、強い苦味のある野菜で大豆の甘さを引き出すといいます。

そして、季節によって味が変わるというのはいったい何でしょうか?

今の時期なら夏野菜「パプリカ」を入れたり、春には「菜の花」が入ったり、冬は「ゆず」を入れる旬を楽しめるお豆腐なんです。

椎葉名物・菜豆腐

季節によって、味も彩りも変わる、昔ながらの素朴な味の豆腐です。名物「菜豆腐」は昔、冠婚葬祭で用いられてきた、椎葉村の郷土料理です。

尾前豆腐店の代表 尾前チエカさんが1人で1つ1つ手作りしている菜豆腐は、豆腐と野菜の甘さが絶妙です。長年豆腐作りをしてきた経験が活きてこそ。さらに、春夏には菜の花や藤の花、秋冬には椎茸や柚子と、季節に応じて使う野菜を変えているというのも菜豆腐の魅力の1つ。味も彩りも四季折々に愉しめる菜豆腐です。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336