神戸ビーフコロッケ極み「約12年待ち」なぜそんなに時間がかかる?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

約12年待ちのコロッケ。

注文殺到中の幻の神戸牛のコロッケ
「旭屋 神戸ビーフコロッケ極み」です。

最高級の味だとか。

当然食べたことはないですが、12年も待つってどんだけ。

12年待ち 神戸ビーフコロッケ ヒルナンデス

スポンサーリンク
広告336

極みコロッケの美味しさの理由とは?

12年待ちの超希少な神戸牛コロッケの美味しさの秘密は?

美味しさの理由その1

コロッケに使用するじゃがいもの畑作りからこだわっている。

ジャガイモ畑には神戸牛の牛糞とおがくずを発酵させた完熟堆肥を使用し、もみ殻などの独自の配合で土づくりをしている。

そして、余分な化学肥料や薬品は使っていない。1ヶ月もすると芽が出てきて太陽の光を浴びてどんどん成長します。

除草剤や殺虫剤などの農薬は一切使わない。

美味しさの理由その2

糖度が高く甘くて美味しい男爵イモ レッドアンデスを使用している。

収穫されたじゃがいもは、旭屋に運ばれ、害虫につつかれている芋と無傷のものとに選別されます。

無傷の芋は店内のジャガイモ専用冷蔵庫で、約60日追熟をかけて本来男爵イモが持つ甘みを最大限で引き出します。害虫がつついた跡があるものは種イモとして再利用されます。

コロッケに使用する「レッドアンデス」は、有機栽培された皮が真っ赤で中身が黄金色のおいしい男爵です。

糖度が非常に高く砂糖を使用しなくても甘くて美味しい。

美味しさの理由その3

最高級神戸ビーフ100%使用。サイコロ状にゴロッとカットして使用しています。

大正創業の旭屋の目利きで選んだ本当においしい神戸ビーフを使用して手造りしたとても美味しいコロッケです。ミンチでなくサイコロ状にゴロッとカットした角切りの神戸牛を使用しているのでお肉の風味がしっかり感じられて食べごたえが抜群。

毎日造りたてを「生」のまま急速冷凍してお届けられます。

約12年待ちのコロッケです。

なんでそんなに時間がかかるの?

旭屋では極みコロッケに使っている神戸牛を限定している。

使っているお肉が「3歳のメス牛のA5ランク」という神戸牛の中でも最高ランクなのでとても希少なために時間がかかるそうです。

10年も待てないという人はワンランク下の「神戸ビーフプレミアムコロッケ」をオススメしています。