酢しょうが 黒酢生姜 血管年齢-18歳 ドクタープラス サタデープラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ「サタデープラス ドクタープラス」3月19日放送からの情報です。

関根勤さんが血管年齢マイナス18歳「酢しょうが」の踊るべきパワー。

大反響のスーパー調味料:「酢しょうが」。

番組では関根勤さんとハイヒール・モモコさんが挑戦しました。

酢しょうが レシピ 血管年齢

スポンサーリンク
広告336

酢しょうが

酢しょうがとは、刻んだしょうがを酢に漬けたもの。

それを1日スプーンたったの1杯(30g)食べる生活をする。

前回の放送で、酢しょうがを10日間食べ続けた小堺一機さんの血圧は大幅ダウンし、血管年齢はマイナス17歳になった。

これはすごいと、酢しょうがを食べてみたいいう人が多くいて、料理サイトのクックパッドの検索が酢しょうがで1位になったそうです。

酢しょうがの使い方

酢しょうがは、いろんな食材に合う調味料なので、生姜や酢を使っている料理を酢しょうがに変えるだけでいい。

ハイヒール・モモコさんの家で大絶賛した酢しょうがの料理(レシピ)は「アサリの酢しょうが御飯」だった。

酢しょうがの健康効果

「お酢」の健康効果は、中山ドクターによると「生活習慣病を引き起こす4大危険因子全てに作用するのは、食品の中でも「お酢」だけという。

4大危険因子とは、

ショウガの健康効果

「しょうが」の健康効果について、吉田ドクターによると「ジンゲロールが活性酸素を除去し、がんや脳卒中など、様々な病気の予防に役立つという。

ジンゲロールは、熱を加えれば加えるほどパワーアップし、体の温め効果を増幅させます。これで冷え性を改善されたのが女優・森尾由美さんです。

酢しょうがを食べていった時の余った酢は、食べ合わせると健康効果がアップするヨーグルトに混ぜるといい。

ハイヒール・モモコさんの2週間の「酢しょうが」生活の結果

63歳だった血管年齢はマイナス13歳になった。

体全体の体温が上昇し、冷え性が改善した。

関根勤さんの2週間の「酢しょうが」生活の結果

64歳だった血管年齢は、マイナス18歳になった。

130だった血圧は116になった。

超悪玉コレステロールは、マイナス48になった。

そして、体重も1.1kg減った。

「酢」と「生姜」、両方が持つ「代謝アップ効果」で余分な脂肪が減ることもあるという。

酢しょうがレシピ

材料

  • しょうが … 100g
  • 酢 … 100g
    ※普通一般的には穀物酢や米酢ですが、胃腸が弱い方はリンゴ酢にするといい。アミノ酸やビタミン・ミネラルが豊富な黒酢が一番オススメ。
  • はちみつ … 20g

作り方

  1. しょうがをみじん切りにする。
    ※生姜は、皮の付近に健康成分が最も多く含まれているので、皮のままみじん切りにスライスでもすりおろしでも効果は同じです。フードプロセッサーを使ってもいいです。
  2. 保存容器で1と酢、はちみつを混ぜ合わせる。
  3. 2を1日冷蔵庫で漬け込んで完成です。
    ※保存容器は煮沸殺菌してから使用しましょう。
    ※酢しょうがの保存期間は冷蔵庫で1週間~10日ほどです。

出典:http://www.mbs.jp/saturday-plus/

早速はじめてみようと思います