明るさ最小でもPC画面が眩しい ブルーライトカット 無料フリーソフト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

パソコン画面が眩しい。

パソコンの明るさ設定では一番低く最少にしてあるけど、眩しく感じることがあります。

眩しいので、目が疲れてる。
もともと、人よりも光が眩しく感じる特殊な体質のようで、車の運転でも光によって目が痛くなり、酷い時は目を開けることが困難になることもある。

パソコンやスマホなどをしている時も、画面が眩しく感じていました。

もっとPC画面を暗くしたい。

画面が眩しい。

PC画面が眩しい

あとは、ブルーライトによる目の疲れや目に悪影響があることも最近知りました。

スポンサーリンク
広告336

ブルーライトとは

可視光線の中で、最も強いエネルギーを持つ光。

ブルーライトとは、波長が380~500nm(ナノメートル)の青色光のことで、人の目で見ることのできる光=可視光線の中でも、もっとも波長が短く、強いエネルギーを持っており、角膜や水晶体で吸収されずに網膜まで到着してしまう光のこと。

パソコンやスマホなどのLEDディスプレイやLED照明には、このブルーライトが多く含まれている。

ブルーライト研究所
(出典元:ブルーライト研究所)

ブルーライトの目や体の影響

  1. 網膜へのダメージ
  2. 目の疲れ
  3. 目の痛み
  4. 睡眠障害
  5. 肥満
  6. がん
  7. 精神状態

このような症状がブルーライトで起きると考えられている。

ブルーライトカット

ブルーライトカットには、メガネやPC画面フィルムなどでカット出来るが、PCソフトでもできる方法がある。

最近知ったことですが、超ブルーライトカットなどの市販のソフトもあった。

価格は2,000円程度だったと思う。

体験版があったので使ってみた感想は、黄緑の画面になって目に優しい感じはした。

数段階でのブルーライトカットを調節できる強くするほど黄緑色になる。

そこで、体験版の期間が終了し使えなくなった時に、通常の画面で作業をしていると、やっぱり画面が眩しく目が疲れる。

ブルーライトカットソフトに目が慣れてしまったのか、前よりも画面が明るく感じる。

しかし、貧乏人の考えは購入には至らず、無料ソフトがないか探す。

ブルーライトカットと画面の明るさ暗さを調整するフリーソフト(無料ソフト)

グーグル検索で、「ブルーライトカット 無料ソフト」で探した。

如意スクリーン(ダウンロードは自己責任で。)

ブルーライトいわゆる青色を少なくするというソフトがあった。
そのソフトは色ベースを選択できる。

ブルーライトカット色味調節フリーソフト

(色味を調節している作業中 色が濃くなりすぎた。自分の好きな色に設定できる)

例えば、黒に設定すると、画面が暗くなる。

強さも決められるため、PC設定で明るさを一番暗いに設定しても、画面が眩しいと感じる方は黒を選択して黒レベルを調整すると良い。

また、黄色味がブルーライトをカットするのに有効だと書いてあった。
※黄色でブルーライトが本当にカットできるかはわからない。またどれほどの効果があるのかも確認してないので注意。有料のブルーライトをカットするソフトも画面をどうこうするわけでないので、青みを消して対応しているのかと思っている。

そして、ソフトで黄色に設定してレベルを上げていくと、画面は黄色くなっていくが、若干画面が眩しく感じる。

そこで、同じソフトを2つ同時に起動させて黒を設定して暗くできるか試してみたが、重複起動が出来なかった。

そこで、グーグル検索で「PC画面 眩しい フリーソフト」で検索して、画面の明るさだけを調整できるフリーソフトをダウンロードした。

起動させると、さっきのブルーライトカットの色味を調節できるソフトと一緒に起動することができて、画面の暗さと色味を各ソフトで調節することが出来た。

画面の明るさを調整するフリーソフト
(このソフトで明るさの調整ができる)

Desktop Lighter(ダウンロードは自己責任で。)

ちなみに明るさレベル25%で使用している。
操作は簡単で、マウスでクリックしながら上下するだけ。
明るさが決まったら右上のボタンをクリックして設定が終了。

2つを起動して使用した感想は、とても目に優しく、目が疲れにくいので満足している。

しばらく、使ってみたいと思う。

フリーソフトの使用上の注意

フリーソフトなので、ダウンロード、インストールは自己責任だ。
今のところはこれといって障害はないようだ。

ウイルスなどでパソコンの障害が心配な方は、オススメはしない。
有料のブルーライトカットソフトなどをオススメする。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする