日光ゆば 栃木県産大豆と日光連山の銘水の湯葉 お取り寄せ 青空レストラン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本テレビ「青空レストラン」2017年12月9日(土)放送は、栃木県産大豆と日光連山の銘水で仕立てた「日光ゆば」をお取り寄せ!

「日光ゆば」って?

一般的にはゆばの漢字は湯葉だと思いますが、日光ゆばは「湯波」と書きます。

豆乳を煮た時にできる薄い膜を引き上げたものが「ゆば」で、京都ゆばは一枚仕上げです。

しかし、「日光ゆば」は二枚仕上げで、間に豆乳が残されているのが特徴です。

体がおいしい「日光ゆば」

日光ゆばは、良質のたんぱく質をはじめカルシウムや鉄分の量も多く、低カロリーで消化も良いそうです。日光の伝統ある名産品です。(参照:日光ゆば)

日光には多くの修行僧が集まり、山岳修行をする際の貴重な精進食として「ゆば」が食されてきました。

大豆生産が古くから盛んに行われている栃木県の大豆を、職人の目で厳選し使用しています。

おいしいゆば作りに必要不可欠な水は高い山に囲まれ豊富な水に恵まれた日光の土地ならではの銘水を使っています。伝統の製法を引き継ぎ、熟練の職人によって作り出されるゆばをお楽しみください(青空レストランWEBページ)

スポンサーリンク
広告336

「日光ゆば」お取り寄せ

日光ゆばはお取り寄せが可能です。

番組ホームページでも購入できますが、こちらの大手通販サイトからでも買えるところがあります。

楽天市場 【送料無料】ゆば3種お試しセット

Amazon 日光ゆば

Yahoo!ショッピング 日光ゆば

楽天市場のお店「まるなか」の日光ゆば3種お試しセットの商品内容は、「刺身ゆば」、「とろゆば」、「揚巻ゆば」がお取り寄せできます。しかも送料無料です。

  • 揚巻ゆば
    煮物など
  • さしみゆば
    刺身、サラダ、和え物など
  • 汲み上げゆば
    わさび醤油、生姜、ポン酢など

でお召し上がりいただけます。

奈良・平安時代に仏教の広がりとともに京都から日光へと伝わったゆば。

お坊さんたちの精進料理に使われ千年以上の歴史がございます。ゆばと言えば京都と日光ですが、日光ゆばは串を中央に入れてすくい上げ二枚重ねにして一枚にするのに対し、京都は串を使ってゆばをすくい上げ、端をつまんで一枚とするので日光ゆばは京都ゆばの二倍の厚みになります。

お刺身用生ゆば(引上げゆば)の召し上がり方は、ゆば槽から引きあげたままの全く手を加えない純粋の生ゆばです。適当な大きさに切り、わさび醤油、ポン酢醤油、しょうが醤油などにつけて、お召し上がりください。また、青じそ、きゅうり等を巻いてもよろしいですし、千切りにして酢の物、お吸い物にも美味でございます。

引き揚げままの「ゆば」と「豆乳」をそのままCAS冷凍しました。自然解凍でそのまま召し上がれますが、冷凍パックのまま熱湯で3~4分湯煎していただくとより出来立てのとろっとした食感と豊かな風味が味わえます。冷凍ですので保存性に優れいつでも、生ゆばがおいしく味わえます。

「日光ゆば」せひどうぞ。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする