給食で出たうずらの卵を喉に詰まらせ小学生1年生女児が死亡 大阪市

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 大阪市立小学校1年の女児が給食を喉に詰まらせて意識不明となっていた事故で、女児が入院先の病院で死亡していたことが28日、市教委関係者への取材で分かった。

出典:毎日新聞

亡くなった女児は、給食で出されたウズラの卵を喉に詰まらせた。救急隊員が卵を吐き出させたが、意識が戻らない状態が続いていた。子どもには危険な食材はカットするなり食べやすい工夫をしないといけないのではないかと思います。先日のニュースでフランクフルト・ソーセージを喉に詰まらせて亡くなった女児もいました。少なからず喉に詰まらせて危険な状態になった子どもは他にたくさんいると思います。大人が対策してあげないとまたこのような残念な事故が起こってしまいます。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336