南鳥島の東の海底、水深5500メートル「マンガン団塊」鉱物資源レアメタル見つかる

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 水深5500メートルの広大な範囲に貴重な鉱物資源が埋まっていることが分かりました。

 南鳥島の東約300キロの海底から見つかったのは「マンガン団塊」と呼ばれる鉱物資源で、コバルトやニッケルなどレアメタルを豊富に含んでいます。埋まっている広さは九州全体を超える4万4000平方キロに及ぶとみられ、4月に一部を採取しました。

レアメタル 日本近海で見つかる
出典:テレ朝news

すごい発見。実は、マンガン団塊は日本の近海には分布していないとみられていた。海洋研究開発機構が海底火山の調査中に偶然見つけたという。

スポンサーリンク
広告336