青森県深浦町と佐井村の沖合で、木造船が相次いで漂流 ハングル文字も?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

 青森県の深浦町と佐井村の沖合で17日から18日にかけ、国籍不明の木造船が相次いで漂流しているのが見つかった。日本海沿岸部には形状や積載物から北朝鮮の漁船とみられる船の漂着が続いており、青森海上保安部が船の状況などを詳しく調べている。

出典:毎日新聞

青森に漂着が相次ぐ。

スポンサーリンク
広告336

深浦町松神の沖で木造船が転覆していた

17日午前7時ごろ、深浦町松神の沖で、木造船が転覆しているのを漁師が新深浦町漁協を通じて青森海保に連絡したという。

船は全長8.4メートル、幅約1.7メートル。船籍は不明だが、船首部分にはハングルのような文字が書かれていた。エンジンやスクリューは付いていないようです。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

あなたにおすすめの記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする