通販の産地表記がわかりづらい

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

通販の産地表記がわかりづらい。

例えば、りんごで、

青森産のりんご産地直送

>カートに入れる<

というような表記されていた場合に青森県産が届くものだと思いますよね。

しかし、下の方の商品詳細の欄に

「青森県産又長野県産、時期や出荷状況により変わります」と、書いてある。

スポンサーリンク
広告336

老眼の年配者には本当にわかりづらい

これはちゃんと商品詳細を見ていないから、そっちが悪いという事になるのでしょうか?

ギフトを贈ってくれる人が「青森県産のリンゴを頼んだから、そのうちそちらに届くから食べてね」と、こういう場合、青森県産を送ったと思っているのに、実際届いたのは、長野県産だった。違う商品が届いた。どうなってるの?となります。

なので、「カートに入れる」の前の説明表記には、

青森県産または長野県産のリンゴが届きます。

というような表記にしないと親切ではないと思います。

このようなトラブルは結構あるのではないかなと思うんですよね。

業者側は、「商品詳細には、産地の変更がある場合があります。とちゃんと書いてあるんですけとねえ」と、言うはずですよね。

これはある意味、騙されたと受け取られても仕方ないのではと思います。

お店側もお客様の信用がほしい、リピーターが欲しいなら、「カートに入れる」の前の大きな商品説明文には、

青森県産 または 長野県産のリンゴが届きます。

と、ハッキリと書いたほうが双方が納得できると思います。ネット通販をみていて、結構わかりづらい表記があるなと思いました。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

あなたにおすすめの記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする