重い認知症から、海外旅行ができるまでに回復!ある方法とは?たけし「みんなの家庭の医学」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ「たけしの健康エンターテインメント!みんなの家庭の医学」8月16日放送からの情報です。

私はこうやって病を治した!名医も認める「奇跡の回復法」です。

治療が難しい「認知症」「半身不随」「うつ症状」などの病を、独自の方法で治してしまった奇跡の物語です。

スポンサーリンク
広告336

重い認知症から、海外旅行ができるまでに回復!ある方法とは?

認知症が治った ある方法 たけし みんなの家庭の医学

目は閉じたまま、会話や食事はもちろんのこと、自力で歩くのも難しい・・・まさに寝たきりだった母親。ところが、「ある方法」を試したところ、始めて1年後には海外旅行に行けるまで回復。

決して諦めなかった息子が、母と二人三脚で見つけた「ある方法」とは?

名医も認める最新の医学療法が隠されていた!

医学が進歩した現代、不治といわれた病が治るようになってきた一方で、医師がどんなに手を施しても完治できない病もまだまだ存在します。しかし、そんな治療が難しい病を患者自身や周りの家族が見つけた独自の方法で治してしまった人々がいる。そして彼らが見つけた治療法には、名医も認める最新の医学療法が隠されていた。まるで奇跡にしか見えない驚きの復活劇の一部始終に迫った。

認知症が治ったある方法とはなんですか?それは「社交ダンス」です。

昔、ボーイフレンドと踊ったことのある社交ダンスが脳を刺激したといいます。実は、社交ダンスは認知症に良いと報告されています。

同時に運動と知的活動(ステップなどリズム)ができるからだといいます。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする