窓ガラスの結露は中性洗剤で1週間予防できる 家事えもん 得する人損する人

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ番組「あのニュースで得する人損する人」1月28日放送

大人気の「家事えもん」がマルシアさんのお家に皆藤愛子さんとご訪問。

マルシアさんが困っていると寝室に呼ばれた家事えもん。

そこでは窓ガラスが結露していた。

スポンサーリンク
広告336

窓ガラスの結露

室内と室外の温度差で起きる現象。

冬場は特に起こりやすいが水滴とあなどって放っておくと「カビ」が発生する。

窓のサッシやカーテンにカビが大量発生してしまう。

カビが生えると乾く時に胞子が飛んで濡れたところに付いて成長し、また乾くと胞子が飛んでカビの胞子が部屋中に飛ぶ。

そのカビを吸い込んでアレルギーが出たり肌が荒れたりなど体調が悪くなることがある。

カビの胞子は乾くたびに飛び散るので注意!

家事えもん流カビ掃除術

サッシの部分はアルミが多いのでカビ取り剤の一般的な物を使うと変色したり腐ったりする可能性がある。

そこで、用意するものは「エタノール」
薬局やスーパーで購入が可能。

エタノールは、金属部分を痛めずに殺菌が可能。
しかも、カビタンパク質を分解し、カビ菌を退治してくれる。

オフィスの入リ口に手を殺菌・消毒するために置いてある薬品です。

カビ取り手順

キッチンペーパーなどにエタノールをつけて拭く。

簡単にキレイさっぱりとカビ汚れが取れる。

ちょっと感動するレベルだ。

キレイにしても結露を放置すれば、またカビだらけになる。

そうならない為にも、水滴を定期的に拭く必要があるのだが、ガラスはすぐに結露してしまうので面倒だ。

そこで、なるべく水滴が付かないようにする技で、拭き取る作業が少なくなる方法を紹介。

拭かずに結露発生を防ぐ方法

窓ガラスの結露はご家庭にある中性洗剤で1度拭いて置くだけで約1週間は防げる。

結露防止 家事えもん

食器用洗剤や洗濯用洗剤はたいていが中性洗剤。

食器用洗剤のラベルに「液性:中性」と書かれているものを用意する。

その洗剤に入ってる成分で「界面活性剤」が結露を防止してくれる。

界面活性剤は、眼鏡などの曇り止めスプレーの成分で水滴がつきにくくなる。

結露防止技の手順

まずは窓ガラスの水滴をタオルなどで拭き取る。

中性洗剤を水300mlに対して20:1の割合で混ぜる。

それをタオルに染み込ませて絞る。

窓ガラス全体を拭く。

洗剤の泡が付くので最後キッチンペーパーで乾拭きする。

これで薄くコーティングされた状態になる。

1週間程度は効果が持続する。