蛍光灯がいきなり点かなくなった原因 LEDシーリングライト購入

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

先日、いや結構前になりますが、いきなり部屋の照明がつかなくなりました。

はじめは、蛍光灯が切れたのかと思っていました。

もしくはグローランプ(点灯管)が交換時期になったのかと思っていたのですが本体のケースを外して見ると、グローランプ式ではなく交換ができないタイプでした。

のちに知ったのですが、インバータ蛍光灯だったようです。

そこで、常備灯まで点灯しなかったので、スイッチが壊れたのかとも思い、他の部屋の蛍光灯と取り替えてみました。

そうしたら、点灯したのでスイッチには異常ありません。

そうすると、本体が駄目だということになり、ユニット交換をするより新品を買った方が安いといわれ購入することに。

スポンサーリンク
広告336

購入したのは「Panasonic LEDシーリングライト HH-CA0811A」

どうせ買うならLEDにしようかと思っていたのですが、お店に行ったらLEDしか今は置いてないそうです。

楽天市場 > HH-CA0811A パナソニック LEDシーリングライト

Amazon > HH-CA0811A パナソニック LEDシーリングライト


以前使っていたシーリングライトよりも少し小さい大きさでした。

使ってみたら結構性能は良さそう。

光の強さが調節できたり、ライトの光の色も白っぽくしたりオレンジっぽくしたり数段階で調節できました。

以前のは1灯か全灯の2段階しかなかったのでちょっとうれしい。

取り付けも天井まで手が届けば誰でも交換できるワンタッチだった。不器用だけど付けられたのでほぼ誰でも付けられるでしょう。

怪我すると悪し、心配なら電気屋に取り付けをお願いした方がいいでしょう。

あと、このLEDシーリングライトは使い捨てで、LEDが切れたり故障したら買い替えの方がいいと言われました。

無理やり直すこともできるらしいけど、2万くらいかかるらしいです。本体9,000円くらいなので新品交換した方がいいですね。

あとは、リモコンの下がスライドするんだけど、「おやすみ30分」というボタンがありました。これ気づかなかった。30分たったら照明が消えるらしいですね。結構便利な機能だと思いますよ。

明るさも十分だし、とくに文句はないですね。

LEDの光源寿命約40,000時間なんですが、1日10時間使うとして計算すると10年くらいは持つようですが実際はどうなんでしょうかね。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする