素直な恋たまご(長崎・壱岐)しまのたまご屋さん・めざましテレビ

しまのたまご屋さん「素直な恋たまご」が、めざましテレビ(伊野尾慧のグルメコーナー・いのお飯)で取り上げられました。

長崎県壱岐市産のたまごで、弾力がありくせがなくて味わいが濃いのが特徴です。

見た目は黄身に張りがありふっくらと大きい。番組では、TKG(卵かけごはん)で食べていました。おいしそう。

しまのたまご屋さん 素敵な恋たまご 通販

photo:壱岐なお取り寄せ

Amazon 素敵な恋たまご しまのたまご屋さん

普段は醤油で食べると思いますが、今回は、熱々のごはんの上に素直な恋たまごを乗せ、壱岐の地元の海水でつくられたゆず塩、昆布ダシをかけて極上TGKが完成です。

黄身だけではなく、思わずキュンとする卵なんだとか!そして、半熟卵のせシーザーサラダを食べました。半熟卵も美味しそうですね。

卵は今が旬で、冬から春先にかけて黄身が濃くなるそうなので、いまが一番たまごを感じることができるそうですね。

では、しまのたまご屋さんの素直な恋たまごについて調べてみます。

スポンサーリンク

しまのたまご屋さんのこだわり

では、しまのたまご屋さんの素直な恋たまごのこだわりを見てみます。

産地直送のおいしい卵。

長崎県壱岐市にある卵屋さんで、国産鶏「もみじ」を餌にこだわって丁寧に飼育し、「もみじたまご」のブランドとして「素直な恋たまご」を生産・販売を行っています。

味にクセがなく、濃厚な味わいで非常においしい。コレステロール値も一般の卵と比較して33%低く非常に健康的です。

黄身が大きい!

国産鶏の「もみじ」という鶏を飼育して「もみじたまご」を生産しています。「もみじ」という鶏は黄身の大きな卵を産みます。卵白も濃厚で、気泡性が高いです。その為、ケーキなどにも適しており、ふんわりと柔らかく、縮みにくいスポンジを作ることができます。また、殻が硬く鮮度をより長く保ち、生食や加熱料理に最適なおいしい卵です。安全性にも細心の注意を払っており安心して食べられます。

鶏舎は水洗い!

完全に綺麗な環境で鶏を育てるために、鶏を一度外に出した状態で全面水洗いをしています。キレイな環境で育てることで、病原菌を取り除き、より安心して食べられる卵が生産されています。

餌にもこだわる!

餌には特にこだわっている。厳選されたものだけを取り入れ、鶏の健康促進のために、木酢、軟質炭、ハーブ(アルファルファ)、ニンニク、パプリカ、緑茶、乳酸菌などを餌に添加して与えています。また、水は天然の湧水を浄水器に通すことで活性化させ、同時にウイルスも除去した活性水を鶏に与えている。水の分子も小さくし、浸透力を高めることで、栄養の吸収力が高まるといい、その分、味の濃いたまごになります。

純国産鶏「もみじ」について

おいしい卵を生む安心・安全の純国産鶏。

「もみじ」と命名された純国産鶏は、日本国内で何世代にもわたって交配を繰り返し改良に改良を重ねた実用鶏です。もみじの産む卵は美しい褐色をしており、「赤玉」とも呼ばれている。強健で病気にかかりにくい品種で商品価値の高い卵を産みます。

しまのたまご屋さん

会社名:しまのたまご屋さん
住所:〒811-5467 長崎県壱岐市芦辺町箱崎江角触2
電話:0920-45-0824
生産者:山本義一さん
URL:http://shima-tamago.com/

しまのたまご屋さんの周辺の地図・場所

素敵な恋たまごは冷蔵で14日間日持ちします。

壱岐なお取り寄せにて購入することができます。

生産者さんもハマってる「めんつゆTGK」

生産者の山本義一さんのブログをみると、「布谷醤油つゆ」めんつゆが卵かけごはんに合うんだとか。

布谷醤油つゆ 素敵な恋たまごTGKにある醤油

photo:しまのたまご屋さんブログ

さしみ用のしょう油もあります。

楽天市場 さしみ醤油 布谷醤油

ブログをみると、布谷醤油の社長さんから「うちのめんつゆでいっぺん食べちみんで」と提案され、食べたところ、醤油の色が薄いのでたまごの黄金色が綺麗で、味は、出汁がきいて、深みがあり、少し甘みがありまろやかだとそうです。

これはめんつゆでTKGも美味そうですね。

しまのたまご屋さんも「素敵な恋たまご」に合う専用の醤油を開発して、たまご&しょうゆTKGセットとして発売して欲しいですよね。他社が同じようなものを販売しているかもしれませんが、何事もオリジナルが大切ですからね。なんか期待しちゃいますね。

タカラトミーから究極のTKGが出てる!

楽天市場 究極のTKG( たまごかけごはん )タカラトミーアーツ

タカラトミーアーツから出てるクッキングトイ「究極のTKG」ですが、どういったものなのでしょうか。

何ができるかというと、卵割り機能を内蔵、卵白分離機能、高速攪拌機能を搭載し、ふわとろTKGがワンタッチで完成するというもの。

なんだか、すごいマシーンみたい(笑)。

究極のTKGの使い方は?

  1. ストッパーをロックして、生卵をエッグホルダーにセット。
  2. チョップボタンを軽く叩きヒビを入れ、ストッパーを外してホルダーボタンを押すと、生卵が黄身トレイに落下。(黄身と白身が分離されます)
  3. ホイップスイッチを押して白身を攪拌!攪拌時間により食感が変化!
  4. お椀に盛り付けたご飯に攪拌した白身をかけ、最後に黄身をのせます。

白身が攪拌され、「ふわっふわ」のメレンゲになって、全く新しい卵かけごはんを味わうことができる。「これで究極のTKGが完成します」というものでした。

3種の機能が付いている。

本体には3種類の機能が備わっていて、一つめの「卵割り機能」では、卵のままセットし、割って中身を出すことができるので手を一切汚さずに調理開始。二つめの「卵白分離機能」では卵白と卵黄が自動的に別れ、三つ目の「高速攪拌機能」でふわとろな卵白を作り出すことができるというもの。

また、黄身をお好みで醤油漬けにすると、卵にほどよく醤油が染み込み、そして、醤油の塩分により黄身の余分な水分が抜けることで「トロリ」とした独特な食感が生まれるのでやってみてということです。

商品名:究極なTKG
メーカー:タカラトミーアーツ
サイズ:W112×H132×D132
電池:アルカリ単3乾電池×2本(別売り)

TKGのお店も増えてきたSNS

いまはTKGを出すお店も多くなっていました。シンプルに旨いですよね。

SNS(Twitter、Instagram、ブログ)などでも話題になってましたよ。

TKG専門店の担熊さんですね!話には聞いていますが食べに行ったことはまだありません!

ここも卵かけごはんが食べられるカフェなんですかね。マザーズさんですね、覚えておきます。

贅沢なTKGですね。鯛の刺身をのせ甘辛いタレをかけた・・すごくおいしそう。

専門店がつかっている醤油が気になりますね。どこのしょう油なんでしょうか!

なに、姫路にあるTKGの有名店ってどこですかね。最高じゃないですか!お箸に「たまごや」と書いてありますね。姫路城いったら行ったみたい卵かけごはんのお店に決定です!

そばと卵ごはんも贅沢ですね。

TKG食べ放題のお店だって!これは何杯でも食べちゃいそうで怖いですね。どこにあるのでしょうか。

まとめ

めざましテレビ(2018年3月22日)「いのお飯」で長崎県壱岐市にある卵販売店「しまのたまご屋さん」の卵「素直な恋たまご」が取り上げられました。

そのお店とたまごのこだわり、購入先をまとめました。

SNSでも人気のTGKについて調べてみました。こんな美味しそうな卵かけごはんをみたら食べずにはいられませんね!地元でおいしいお店を探してみようと思います。

コメント