おかしの平和堂 タルト甚五右ヱ門(じんごえもんいも)山形県 青空レストランで紹介!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

おかしの平和堂 タルト甚五右ヱ門が青空レストラン(2017年9月30日放送)のお取り寄せ(通販)になりました。

今日お邪魔したのは、山形県最上郡真室川町です。

ゲストは青山テルマさん。

青空レストランで紹介された里芋 甚五右ヱ門芋 山形県 通販

出典:青空レストランHP

そして、今回の山形県 真室川町で収穫する食材は室町時代ころから一子相伝で受け継がれてきた「甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)」です。

いったいどんな絶品料理が登場するのか注目です。

スポンサーリンク
広告336

おかしの平和堂 タルト甚五右ヱ門

青空レストランの番組の公式ホームページで販売(通販)されているのは、お菓子の平和堂のタルト甚五右ヱ門芋です。

山形県真室川で創業70年の「おかしの平和堂」の三代目阿部シェフが、伝承野菜「甚五右ヱ門芋」を使ってタルトを作りました。 里芋のとろりとした食感と特有のねばり、山形県産はえぬきの米粉を使ったタルト生地が素朴で懐かしい味わいを醸し出します。 山形県真室川「おかしの平和堂」からお取り寄せ☆(出典:青空レストランHP)

山形県伝統野菜 一子相伝の里芋「甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)がお取り寄せできます。これは一度は食べてみたいと思いました。

里芋王国山形でただ一つ、名人佐藤さん一家が先祖代々一子相伝で作り続けていた里芋「甚五右ヱ門芋(じんごえもんいも)」。見た目は驚くほど真っ白で、里芋の次元を超えた粘りと絹のような滑らかさを併せ持つ逸品です。伝統野菜農家「森の家」からお取り寄せです。

おかしの平和堂 タルト甚五右ヱ門芋

山形県真室川で創業70年を迎えた和洋菓子店。地元の伝承野菜を使ったスイーツや季節のお菓子を満喫できる人気のお店です。

今回、紹介されたタルト甚五右ヱ門芋は、三代目、阿部さんが考案しました。とろりとした食感と特有のねばり、普通の里芋よりも粘りがあり、しっかりとした真室川の伝承野菜「甚五右ヱ門芋」を使ってあります。米粉を使用したタルト生地も素朴で懐かしい様な味わいです。

おかしの平和堂について

マドレーヌ、フィナンシェなどの焼き菓子やとろける半熟プリン、甚五右ヱ門芋など、真室川の伝承野菜を使ったスイーツ。伝統製法で作る「ゆべし」と最中。

地元のお客様に愛されるお菓子作り、昔ながらの味わいの伝統的な和菓子作り、上質な本物の素材、産地の分かる素材を使ったお菓子作り。山形県真室川からの季節のお菓子をお届けしています。

おかしの平和堂
〒999-5312 山形県最上郡真室川町大字新町129-5
電話番号:0233-62-2762

以上、青空レストランで紹介された山形県真室川の里芋「甚五右ヱ門芋」についての情報でした。