新潟県 うみてらす名立【幻魚干物】幻の魚の干物が美味い!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

青空レストラン(2017年10月14日放送)は「年に一度の新米SP」です。

幻の深海魚「幻魚(げんぎょ)」は日本海の珍味として人気。中でも名立漁港で水揚げされる幻魚は、凝縮された旨みが特徴。 干物にすることで水分が抜け、食べると柔らかく、フワフワで旨い!軽くあぶってアツアツをパクリ!天ぷらもおススメ。 25尾セットは番組限定。新潟うみてらす名立からお取り寄せ(青空レストラン番組HPから購入できます。)

各ネット通販でもご購入いただけます。

詳細ページ 【こだわりの寒風干し】新潟産干物6種セット】~幻魚とメギス入り~

ほっけ×2枚、メギス×5尾、はたはた×5尾、鯛×2枚、幻魚×10尾、真いか×2枚

新潟県上越市「名立(なだて)漁港」をはじめ、近隣の漁場で獲れた魚介の干物6種の詰合せです。

【ゲンギョ×10尾】
幻魚とも書くこの魚は、新潟沖から富山湾にかけて生息する、全身がゼラチン質に覆われた深海魚で、漁獲高が少ないこともあり最近では高級珍味として知られるようになりました。
味は白身で淡白ですが、しっかり脂も乗っており、お酒にもよく合います。
ゼラチン質にはコラーゲンが含まれており、「ゲンギョ」の干物には旨みにプラスしてコラーゲンもギュッと凝縮されています。

【メギス×5尾】
上越の近海で多く獲れ、地元では家庭料理として食べられてきました。
しかし鮮度が落ちるのが早いため、新潟県外にはなかなか流通していない魚です。

この他に、日本海の荒波で育ったタイ×2枚、ハタハタ×5枚、ホッケ×2枚、イカ×2枚を詰め合わせてお届けいたします。
お酒のお供はもちろん、あつあつのご飯にもぴったりです。
すべて手づくりの手間暇かけた日本海の逸品を是非ご賞味ください。

スポンサーリンク
広告336

青空レストラン番組の商品案内文

うみてらす名立:「食べる、寛ぐ、遊ぶ」がひとつになった複合施設。眼前には日本海を望み、夕刻には空と海が茜色に染まる幻想的な夕景が広がります。

幻魚:日本海での底曳網、カニ漁の副産物。古くは捨てられていたものを産地で食用として流通し、テレビなどで取り上げられるようになって、知名度が上昇。

その幻魚を寒風干しに近い方法で干物にしました。幻魚独特のあの「ヌルヌル」。実はあの全身を覆うゼラチン質には豊富な栄養分が含まれているといわれています。 干物にすることで水分が抜け栄養分がギュッと凝縮されます。

青空レストラン番組で新米スペシャルについての情報でした。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

あなたにおすすめの記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする