エリカ・アンギャル 筋膜リリース ローラー 体の歪み解消 バイキング

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ番組「バイキング」11月18日放送。

元ユニバース・ジャパン エリカ・アンギャルさんも絶賛。

エリカ・アンギャルさんは、ミス・ユニバース・ジャパンの公式栄養コンサルタントをした方です。

年齢は46歳。

エリカ・アンギャルさんの自宅へ行き、話題の美容健康法著者が自宅で実践中の健康法・健康グッズ・美容食材を取材しました。

そこで紹介されたのが「グリッドフォームローラー」。

スポンサーリンク
広告336

グリッドフォームローラー

簡単にセルフマッサージを行える器具。

1日5分で血流増大!体の歪みも解消する。

グリッドフォームローラー エリカ・アンギャル
(バイキング)




グリッドフォームローラートリガーポイント

長時間同じ姿勢やデスクワークが多い方

長時間同じ姿勢で居続けると、筋肉や筋膜が硬くなってしまいます。
その結果、血行が悪くなったり、体がゆるむ原因となります。

グリッドフォームローラーで体をほぐすことによって、血行促進、新陳代謝のアップなど、体が本来持つ機能を取り戻します。

トレーニングやパフォーマンスを向上したい方

グリッドフォームローラーを運動前のウォーミングアップに使用することで、筋肉のパフォーマンス向上につながります。

また、運動後のクールダウンに使用すると、老廃物の排出を促し、疲労回復を促進させます。

ダイエットやセルフマッサージをしたい方

グリッドフォームローラーを使用し、老廃物の排出を促すことで、ダイエットの効果も大きくなります。

また、場所を選ばないコンパクトサイズなので手軽にセルフマッサージも行えます。

グリッドフォームローラー使用例

上背部

上背部

肩甲骨付近にグリッドフォームローラーを合わせます。
お尻は浮かせた状態で、グリッドフォームローラーにかけた体重を移動させるように、転がします。

また左右に側屈しながら背部の筋膜をリリースすることで、より活性化します。

ふくらはぎ

ふくらはぎ

リリースしたい、ふくらはぎの下にグリッドフォームローラーを合わせ、反対側の足をクロスさせ、重ねて置き、上から圧をかけます。

足首から膝下にかけて、膝を軽く曲げながら転がします。

大腿部

大腿部

肘を立て、体重を支えた状態で横になり、太ももの前側に、グリッドフォームローラーを合わせます。

このとき足は床から離れている状態です。
支えている腕で、体全体を前後に動かすように転がします。

トリガーポイント

「痛みの引き金になっているポイント」という意味で、疲労した筋肉の深層部にできる硬く凝り固まったツボや、しこりのようなものをトリガーポイントといいます。

筋膜が収縮し、硬くなることで痛みが誘発されやすくなります。そこを解放(リリース)することにより、筋肉の痛みやだるさが改善または消失されます。

筋膜

全身につながっている白い薄い膜のことを筋膜といいます。筋膜は全身につながっており筋肉だけでなく、骨や臓器、神経、血管などをくまなく包んでいます。

また筋膜は「第二の骨格」とも呼ばれ、体を内側から支えている重要な組織でもあります。

筋膜リリース

筋膜が収縮し硬くなってしまったり癒着すると、体にゆがみが生じ、柔軟性が損なわれたり痛みを引き起こす原因となります。

筋膜をほぐし、柔らかくすることで、運動の可動域が広がり、体本来の機能や働きを取り戻すことができます。

これを「筋膜リリース」といいます。

筋膜リリースをしないデメリット(悪いこと)

  • リンパの流れが悪くなり、老廃物が蓄積する
  • 免疫力の低下
  • 凝りが慢性化し、治りにくくなる
  • 筋肉の機能不全を起こす原因となる
  • 筋肉が硬くなり、代謝が悪くなる
  • 体の軸がぶれる
  • コンディション悪化
  • 体本来の可動域が制限される

筋膜リリースをするメリット(良いこと)

  • 血行促進
  • 疲労回復促進
  • 筋膜の弾力性を高める
  • 筋膜の柔軟性を得る
  • 筋力の増加
  • 体幹の安定を拡大
  • 高強度のトレーニング
  • パフォーマンスの向上

フィギュアスケート女子の浅田真央さんがこの商品を持っていました。
買ってよかったと思います。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする