スマホ、デジカメの写真 端だと太って見えるのは簡単に克服できる方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

TBSテレビ「林修の初耳学」10月16日放送からの情報です。

写真うつり太って見えないカンタン撮影です。

スマホなどで撮影すると、端っこに写った自分が明らかに太って見えることがあります。

プロカメラン 東真子さんが解説。

最近のスマホは使い方を失敗すると端の人がぐっと伸びて太って見える。

スポンサーリンク
広告336

最新のスマホは端の人が太って見える写真になる。

最新のスマホやデジカメの現象なんだそうです。

それは、広角レンズは、普通の人間の見える範囲よりも広い範囲が写る特殊なレンズになっている。便利なんですが、近くを写すと外側が伸びてしまいます。

なので、端の人物は約2割太って見える。

端だと太って見えるのは簡単に克服できる方法

人物とカメラの距離がポイント

レンズの歪み改善法

  1. 人物とカメラの距離を離す。
  2. ズーム機能を使って撮影する。

人物から離れてズーム機能を使えば広角レンズの歪みを外すことができる。

目安は、画面の中心から60%の枠内に人物を入れること。

早速やってみましょう。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

あなたにおすすめの記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする