幻の伝統の技「雪納豆」岩手県西和賀町 青空レストラン お取り寄せ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

青空レストラン 1月23日放送は、岩手県西和賀町から。

幻の伝統技「雪納豆」です。

青空レストランは 松尾諭さんが登場。

雪納豆 青空レストラン
(出典元:テレビ青空レストラン)

岩手県の幻の雪納豆をご紹介!

今では、伝統の技を受け継いだ方も少なく、地元でもほとんど食べられることのできない”まぼろし”のものとなっております。

スポンサーリンク
広告336

雪納豆

静かに息づく自然をみつめる季節。

銀雪を蹴って、冷気をさいて幾重にも舞う。
雪と共に生きる人々の強さを感じる。
奥羽の山派を白銀でつつむ。
納豆汁など汁ものがおいしい季節である。
(西和賀町役場 湯田庁舎 観光商工課)

雪納豆の作り方

材料

  • 大豆 5合
  • 納豆 1個
  • ワラつっとう
  • むしろ
  • ワラ

作り方

  1. 大豆を指で押してつぶれる位やわらかくなるまで煮る。
  2. ワラつっとうを作り、大豆に買った納豆を入れてかき混ぜ、温かいうちにワラつっとうに手早く入れて結ぶ。
  3. むしろにワラを敷き、納豆つっとうをていねいに並べその上に大根の干し葉を熱して回りにあて、きつくゆわえる。
  4. 熱を逃がさないように雪穴を1m位の深さに堀り、ワラを敷き、納豆を入れたむしろを穴に入れ、更にワラを上にかけて雪を乗せ重みにする。
    2昼夜で、おいしい納豆が出来上がる。

(西和賀町役場 湯田庁舎 観光商工課)

幻の雪納豆はお取り寄せできないのかな?
地元の人でもほとんど食べられていないくらいだから全国ネットで売るのは不可能かもしれない。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする