食べて健康になるスーパーオイルはこれ!世界一受けたい授業

日テレ「世界一受けたい授業」9月24日放送からの情報です。

「食べて健康になるスーパーオイル」です。

使いまわした油の摂取が脳卒中や動脈硬化などの病気の原因に!?

本当に体に良い油は「えごま油」、「オリーブオイル」、「米油」、「マカダミアナッツオイル」のどれ?

スポンサーリンク
広告336

油博士がオススメ!食べて健康になる!3つのスーパーオイル

油博士 佐田政隆 先生がオススメする食べて健康になる3つのオイルはどれ?

専門の本がたくさん出版されるほど大ブームを巻き起こしている油ですが、摂取するだけで体が改善するオイルがあるのです。

そんな健康オイルを油博士の佐田政隆先生が教えてくれます。実験で判明した普段よくやる油の使い方が健康に大ダメージを与えていた!?

美肌・不眠・脳にやさしいオススメ油を紹介!

どのオイルが健康に良いスーパーオイルなのでしょうか!?

油博士がオススメする3つのスーパーオイルをご紹介します

  • 米油
  • 米ぬかから作った油が「米油」。米油で揚げものをすると、油っこくなくサックリ揚がる。そんな米油は、実はスーパービタミンEが豊富なんです。通常のビタミンEの40倍~60倍もの抗酸化力があります。悪玉コレステロールを撃退してくれるので老化予防が期待できるそうです。また、自律神経の働きを調整する効果もあり、倦怠感や不眠などの改善が期待できます。

  • えごま油
  • えごま油はゴマではなく、シソ科えごまの種から作った油です。必須脂肪酸の一つであるオメガ3系の油です。オメガ3は、人の体内では作れないので現代人が不足している脂肪酸です。α-リノレン酸の含有量は、ごま油やオリーブオイルに比べると圧倒的に多く含まれています。オリーブオイルが0.6%だとすると、えごま油は60%も多い。そのため、えごま油はたった小さじ1杯で1日分のオメガ3摂取量がとれます。また、えごま油をとることで、血液の流れが良くなり、動脈硬化予防になります。さらに、美肌効果や老化防止にもなります。えごま油は熱しすると成分が壊れやすいので、あまり熱を加えないようにしましょう。ドレッシングや納豆、卵かけご飯にかけたり食べる直前に味噌汁に入れたりするのが良いそうです。

  • マカダミアナッツオイル
  • 脳の血管にも届く油です。価格が高めですが、他の植物油にはほとんど含まれないパルミトレイン酸が糖尿病予防に効果的だといいます。限られた成分しか通さない脳の血管にもパルミトレイン酸は入り込めるので、脳の血管を丈夫にし脳卒中予防に効果が期待できます。マカダミアナッツオイルは糖質0なのに甘さが感じられる。パンやアイスクリームにかけて食べるのも良いそうです。


【送料無料】オリバード マカダミアナッツオイル

エゴマオイル

米油

オーメッド アルベキーナ ベンチパ(食品・オリーブオイル)

Q.料理で油を使う時にしてはいけないことは?
A.酸化した油を使うことです。何度も使い続けると酸化しますのでご注意。酸化した油を体内に入れ続けると、高血圧の原因になります。最悪の場合、動脈硬化や脳卒中をまねく原因にもなります。

校長先生 堺正章、教頭先生上田晋也(くりぃむしちゅー) 、学級委員長 有田哲平(くりぃむしちゅー) ほか生徒役ゲスト 今井翼、葛西紀明、片岡安祐美、加藤諒、小籔千豊、新川優愛、藪恵壹

『食べて健康になるスーパーオイルはこれ!世界一受けたい授業』へのコメント

  1. 名前:匿名 投稿日:2016/09/24(土) 20:02:22 ID:d1b58b8f4 返信

    今見てます!これ。(*´∀`)

  2. 名前:匿名 投稿日:2016/09/24(土) 20:46:14 ID:28b580ea3 返信

    うちの油は絶対に酸化してそうです。

  3. 名前:さとう 投稿日:2016/09/30(金) 06:03:36 ID:a000f9f4f 返信

    北海道産のシーベリー果実オイルをご存知ですか。
    ヒッポファエオイル(シーバックソーンオイル)とも呼ばれるオイルでお肌に良いオイルですよ。