腰痛借金 春腰痛はたった3秒の簡単体操で痛み改善 世界一受けたい授業

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

世界一受けたい授業(2017年3月4日放送)

腰痛界の革命児 松平浩先生による腰痛について特集がありました。

普段の何気ない生活での体勢で腰痛借金が増えていき、ぎっくり腰など腰が痛くなっていきます。

そんな辛い腰痛をある簡単な体操で改善できるといいます。

腰への負担が少ない姿勢になる座った状態でのスマホの持ち方とは?

骨盤を立てて、スマホを持つ腕の肘をおさえると良い。意識するだけで姿勢改善です。

腰痛借金をためやすい料理を作る体勢ですが、この借金を減らす方法が10センチ以下の踏み台に片足をのせます。その脚に少し体重をかけると骨盤がまっすぐになります。

スポンサーリンク
広告336

腰痛対策には「3秒これだけ体操」

腰痛たった3秒の簡単運動のやり方世界一受けたい授業

  1. 足を肩幅より少し広めに開き、両手をお尻に当てます。(指は下向きに揃える)
  2. 息を吐きながら上体をゆっくり後ろに反らせ3秒キープし、元に戻します。

ポイントは膝を曲げないことと、アゴを引くことです。腰を曲げるというより手で骨盤を押す込むイメージでやります。

治療は、1日10回
予防は、1日1~2回

いつやってもいいですが、筋肉がこわばっている午前中がオススメだといいます。

※体操中に腰や太ももに痛みやしびれを感じる人は脊柱菅狭窄症の可能性がありますのですぐに中止して医師に相談してください。

早歩きがオススメ

高齢者のがん有病者数

早歩き習慣なしは80人(1日3分未満)
早歩き習慣ありは20人(1日20分程度)

この早歩きは腰痛にも効果的です。中強度の運動をすることで、痛みを抑える物質を分泌します。

いつもより、こぶし1個分歩幅を広げるイメージで歩くと良いそうです。

通勤や散歩などで、1日計20分を週3回以上行うと効果的です。

コルセットは効果がない?

ぎっくり腰や腰を痛めた時にはコルセットは効果がありますが、症状が収まってもコルセットをしていると腰回りの筋力が弱り逆効果になっていまします。積極的に体を動かすよう勧めています。

寝返りが少ないと?

寝返りが少ないと、血流が悪くなり腰痛が起きやすくなるといいます。寝返りが少なくなる原因の1つとして、やわらか過ぎる寝具です。体が沈み込み動かしづらくなります。適度に硬いものを選びましょう。

睡眠は、脳を活性化させ腰痛を抑える効果があります。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする