常春キャベツ キャベツのコロッケ レシピ 愛知・田原市 うまいッ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NHKうまいッ! 2月7日放送からの情報

「葉がぎっしり!甘い!常春キャベツ(愛知県田原市)」です。

渥美半島別名常春半島とよばれる。

キャベツの生産量が日本一。
見渡す限りキャベツ畑が広がっている。

常春キャベツ 愛知 田原市 NHKうまいッ!
出典元:NHKうまいッ!

田原市で1日40万個を出荷している。

すごい。

味はいかが?
カブトムシゆかり「甘ッ どこ食べても甘い おいしい」。

「今日もお客さん喜んでくれるといいな、一生懸命がんばっています」と生産者の本田好伸さん。

武内陶子さん、天野ひろゆきさんも絶賛の愛知県産の冬キャベツを特集!

スポンサーリンク
広告336

常春キャベツ

11月から3月には全国の3分の1近くを占める愛知県。
なかでも南部の田原市は、この時期1日40万個ものキャベツを出荷するという県内一のキャベツ処です。

田原産キャベツの特徴は、持つとずっしりとくる重さ。葉がぎっしりとすき間なく詰まっているから。

もちろん甘さも格別。
渥美半島の先端近く、どこまでも続くキャベツ畑を訪ね、美味しさの秘密を探った。

うまいの秘密

足元をみると石がゴロゴロありました。

実は水はけがよく土の中の余分な水分を吸わないので甘いおいしいキャベツになる。

あまり雨が振らない時は水を撒くパイプが畑全体をまんべんなく水やりをします。

そして「風」。
冬場の伊吹おろしと呼ばれる北西の風が吹きつけます。

寒くなるとキャベツは甘さを増しますが、天敵は霜です。

この風が霜を飛ばしてくれるのでキャベツは凍らない。

風がキャベツを守ってくれている。

本田さんは、キャベツに肥料を3回与えます。キャベツは外側の葉が先に育つため肥料をやりすぎると外側の葉が大きくなりすぎる。

そうすると通気性が悪くなりカビが発生してしまう。逆に遅すぎても十分に成長しなくなる。

キャベツがほしがるタイミングがあるという。
黄色っぽくなってくる時が肥料を与えるサインだといいます。

「しかし普通の人がみてわかるようじゃ手遅れ、経験でこれはこれくらの色とか肥が切れてきたなあとか、これは経験しかない」という。

収穫したキャベツはその場で箱に詰めていきます。

「今日詰めたキャベツはどこへ送られていくのかな、そこで喜んでもらえるといいな、一生懸命力いっぱいやっています」

生産者ならではの常春キャベツ家庭料理

生産者ならではの家庭料理があるそうです。

作ってくれたのは、河辺里江さん、浦山アイ子さんの二人の女性だ。

キャベツの炒め煮
たっぷりのキャベツを豚肉・にんじんと炒めます。みりんと醤油、鶏がらスープの素などで味付けし5分ほど蒸し煮にします。

キャベ玉焼き
ベーコンを炒めた上に千切りキャベツをあふれるほどにのせます。キャベツの穴を三箇所つくりそこに卵をそこへ割り入れる。塩こしょうで味付けして後は焼くだけです。

キャベツのコロッケ 作り方

キャベツのコロッケ 田原市 常春キャベツ レシピ
出典元:NHKうまいッ!

じゃがいもを使わずキャベツを使ったコロッケで、シャキシャキした食感が特徴です。

材料(4~5人分)

  • キャベツ 1/2個(600g程度)
  • 玉ねぎ 1/2個(100g程度)
  • 豚ひき肉 100~150g
  • カレー粉 小さじ1
  • サラダ油 適量
  • 塩・こしょう 少々
  • 缶入りホワイトソース 100g
  • 揚げ油 適量

(衣)

  • 小麦粉 適量
  • 溶き卵 大1個
  • パン粉 適量

作り方

  1. キャベツを幅3~5ミリ、長さ3~5センチ程度の千切りにする。
  2. 1をレンジでしんなりするまで加熱して、粗熱をとった後、ふきんに包み水分をしっかり絞る。
  3. 玉ねぎをみじん切りにし、サラダ油で炒めて、塩こしょうをする。
  4. 2と3をボウルに入れ、豚ひき肉、カレー粉、ホワイトソースを入れて混ぜ合わせ、12~15等分して俵型にまとめる。
  5. 小麦粉、溶き卵、パン粉の順に衣をつけ、180度の油できつね色になるまで揚げる。
    ※ひき肉とカレー粉の代わりに、しらす・チーズ・青のりを入れたものをおすすめです。

出典元:http://www6.nhk.or.jp/umai/recipe/recipe.html?rid=69

キャベツの栄養価 がん予防にも効果

キャベツはビタミンCが豊富で、外・芯・中の順に多く含まれる。

それ以外にビタミンU(キャベジン)が多く含まれていて、胃や十二指腸の潰瘍を防ぐ効果がある。

さらにいま注目されているのは、アメリカの国立がん研究所ではガンの予防にもっとも優れた食材だといわれている。

イソチオシアネートという物質が最新の研究でガン発生物質を身体の外へ排出してくれる効果があるという。

種苗会社 水谷雅祥さん
時期と土目(土の性質)とあった品種が産地でいいとされる品種だと思います。

どの品種がその土地に合っているか見ています。
観察会では、評価のポイントの1つは、キャベツの芯が低いほういい。消費者には芯が低いきれいに見えたほうがいい。

生産者 本田好伸さん
キャベツづくり40年、そのすべてを知り尽くしたベテラン生産者。5.5ヘクタールの畑で年間30万個を超えるキャベツをつくっています。最盛期には一人で1日1600個ものキャベツを収穫する達人。

食材ハンター カブトムシゆかり さん
地元応援団 名古屋放送局 柴田拓 アナウンサー

テーマ曲「FOREVER]
MONKEY MAJIK