岐阜産 イチゴ 美濃娘 うまいッ! お取り寄せ・通販

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ番組NHK「うまいッ!」2月21日放送。

岐阜県美濃のいちご「美濃娘」です。

甘い果肉がみっしりとつまっています。

東京銀座
老舗フルーツパーラーでも愛されている。

橋本和久さん「果肉がすごくしっかり、実際口にしてみると、やわらかい・やさしい甘み、すごくみずみずしい」

岐阜 本巣市 イチゴ生産者 遠山良徳さん。

美味しくするために花を摘んでとっていく。

岐阜のハウス栽培イチゴは11月~翌6月の出荷。

スポンサーリンク
広告336

美濃娘 岐阜イチゴ

美濃娘 岐阜イチゴ うまいッ!
出典元:NHKうまいッ!

楽天市場 > 岐阜産 美濃娘(みのむすめ)【送料無料】

Amazon > 岐阜産 美濃娘

岐阜県の南西部山の麓に広がる本巣市でイチゴの栽培をしている。

遠山良徳さんのハウス栽培ではベンチという高設栽培をしている。

栽培にあたってこだわるのが摘花(果)です。

花は摘んでとってしまう。

たくさんの花が一株から出ているとエネルギーが分散してしまうので摘み取ります。

通常は20個くらい実り10個くらいにしますが、橋本和久さんのところでは7個くらいに摘花します。

そして、芯が通ってる強いものを残していくそうです。

甘さの秘密

葉かきです。余分な葉を取り除き光合成をよくできるようにします。

クラウン部には成長点があるので下の葉をかくことで光を当ててより木をぐっと育ててあげる。

甘みを増すために日が暮れてからも作業を続けます。

電照をします。
昼間が続いていると勘違いしてイチゴが育ちます。

水やりの回数を減らす水切り。

半分ほどに減らす、水分が減ることで糖の割合が上がり、濃い甘さの実ができるといいます。

おいしい岐阜イチゴ美濃娘を食べたい。

食材ハンター サヘル・ローズ(タレント)

生産者 遠山良徳さん
岐阜県の品評会で最優秀賞を2度も受賞した遠山さん。
両親と3人で40アールのハウスで美濃娘を栽培。
イチゴ作りの始めた15年前から続けてきた栽培日誌をもとに美濃娘の向上を目指して努力と工夫を重ねている。