会津みしらず柿 福島県・会津若松市 うまいッ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

NHK「うまいッ!」11月13日放送からの情報です。

今日のうまい!は、福島県・会津若松市「大玉でトロッ!伝統が生む濃厚な甘さ!会津みしらず柿」です。

初めて聞く銘柄の柿でした。かなりの歴史があるようです。

日本の秋には欠かせない柿。国産の柿は1000種類ほどあり、その中でも長い歴史を持つのが、会津みしらず柿なんです。

福島県西部の会津若松市では、400年以上前から栽培されています。その正体は実は渋い渋柿なんです。しかし、生産者をはじめ、地元の人達は、工夫に工夫を重ねて渋い柿を魔法のようにトロッと甘くおいしい柿に変えてしまいます。

渋抜きも各家庭で代々方法が違います。渋抜き専用の焼酎を使い、ヘタにつけてみたり、霧吹きで柿に吹きかけたりすると、アルコールが柿の中にある渋み成分タンニンと反応し、渋みを感じなくなります。

スポンサーリンク
広告336

会津みしらず柿 お取り寄せ

楽天市場 > 会津みしらず柿

Amazon > 会津みしらず柿

Yahoo!ショッピング > 会津みしらず柿

サクッとしたジュワっとするあと引く甘みの柿だそうです。美味しそうですね。

楽天市場店の商品詳細:焼酎で渋抜きし、すぐに食べられる状態で箱詰めし発送します。箱にたっぷりと詰めてお届けします。献上柿の産地から送料込みで「会津みしらず柿」をお届け。お家にもちろんのこと、ギフト、お歳暮、贈答品にもどうぞ。