日本人がニュージーランドで生産【世界最強のマヌカハニー】高い!効果は?ストロングマヌカハニー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0



ストロングマヌカハニーの養蜂場

STRONG MANUKA HONEY 世界最強の蜂蜜 マヌカハニー 平原綾香 歌手愛用品

マヌカハニーは、平原綾香さんなど世界の有名な歌手にも愛されていると聞きます。

とても強そうな頼りがいのある名前のストロングマヌカハニーは価格はめちゃくちゃ高いですが、もちろんその辺に売っているマヌカハニーと称する量産品とは全く異なる別格です。

スポンサーリンク
広告336

作られている場所はとマヌカ生はちみつ

ニュージーランド北島部、100万本のマヌカ自生林に展開する直営養蜂場によって生産されたストロングマヌカハニーは、海外養蜂場歴40年以上の日本人養蜂専門職をリーダーとして1995年より製品化された天然完熟マヌカ生ハチミツです。

世界最強のマヌカハニーが高いけど凄すぎる!?

ニュージーランド北島部の人里離れた山岳地帯で面積125エーカー10万本のマヌカ自生林に展開する直営養蜂場によって生産された文字通りのオーガニック製品です。

完熟マヌカ生はちみつとは働き蜂によって集められたマヌカ花蜜の水分を巣箱内で内勤蜂の体温と羽風によって取り除かれ糖分濃度が80%以上に高められたものでミツバチの食料として保存され、この糖分濃度に達すると半永久的に変質しません。

この過程でミツバチの唾液腺に含まれる酵素類が加わり2糖類(蔗糖→砂糖など)からブドウ糖と果糖の単糖に分解され完熟マヌカ生はちみつとなります。



詳細ページ 天然活性物質MGOマヌカハニー

希少なマヌカハニー

高品位ハチミツを得るにはこのようにできるだけミツバチにまかせ時間をかけた生産が求められます。非常に不効率ですが、それが高い活性度をそなえるストロングマヌカハニーを得るための必須条件になります。

日本人ならではの繊細さと職人気質だからできる!

日本人の繊細さと職人気質をもって採取され、このハチミツだけがたくわえる特有要素である「活性強度」を極限まで追求された産地直送製品でトレーサビリティ(追跡可能性)が確立された製品です。

翌朝の口内が非常に爽やか!


お召し上がり方につきましては薬剤と異なり特に定めはありません。就寝直前に小匙(金属製以外の樹脂・木・陶器製の匙をお使いください)1杯を口に含み舌で上歯茎に塗るようにしておやすみと良いそうです。

再度の歯磨きは不要で虫歯などの心配は全くないのみならず、その予防に期待できます。唾液中には抗菌活性物質が含まれますが、上歯茎はおやすみ中、唾液の還流が不足し多くの有害菌類が加速的に増殖してしまうそうですが、ストロングマヌカハニーの翌朝の口内は非常に爽やかであることが実感できるといいます。

そして起床時にも同様にご利用になり、その後、なるべく15分間は水分の摂取は避けてください。

こちらのストロングマヌカハニーは甘味料目的で摂取された品ではありませんので単体での摂取をオススメしています。

天然メチルグリオキサール(MGO®)含有量について

ストロングマヌカハニーの機能性として最も信頼出来る指標はこの蜂蜜中に含まれる活性物質天然メチルグリオキサール(MGO)の含有量によって正確に決定できます。

販売中の上記4製品のMGO含有量はいずれの製品も非常に高い含有量が確認できます。通常、販売されるストロングマヌカハニーのMGO含有量は100+から最高で550+までです。

こちらの会社の製品は最も低い品で727mg/kgつまり720+です。従ってこちらの会社の全製品は突出したMGO含有量を保持し、このハチミツのみが持つ特有性である機能性つまり有用性を備えています。

特に【活性強度39+】【MGO®1100+】はこの種のハチミツが持つ天然メチルグリオキサール(MGO)含有量の最高値を示しています。

(株)TCN (株)テクノート食品部

ニュージーランド事業所
専務取締役 辻 重
ホームページ:天然活性物質MGOマヌカハニー

スポンサーリンク
広告336
広告336
ブログ村に参加中
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 暮らしを楽しむへ
にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする