スピードスケート女子3位の高木菜那「銅」もらえず5位に授与

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

冬季アジア札幌大会スピードスケート女子1500メートルで、3位の高木菜那選手に変わり5位の中国選手が表彰台に立って銅メダルを授与される。

変なルールですね。

スピードスケート女子1500メートル高木菜3位だがメダルなし
 幻の表彰台独占――? 高木美、押切、高木菜が1~3位となった冬季アジア札幌大会スピードスケート女子1500メートルでは、3位の高木菜に代わり、5位の中国選手が表彰台に立って銅メダルを授与された。

 大会規定で「1か国・地域当たり2選手までしか表彰台に登壇できず、メダルを獲得できない」と定めているためで、4位にも日本の佐藤が入ったことから、銅メダルが順送りされて中国選手へと渡った。

大会組織委員会によると、アジアの冬季スポーツ普及を促す目的から、「モチベーション(意欲)にもつながるよう、メダルを複数の国・地域で分け合ってほしい」とアジア・オリンピック評議会(OCA)が求め、過去の冬季アジア大会でも組織委との協議の上でこの規定を採用したことがあるという。
出典:Yahoo!ニュース(読売新聞)

読売新聞の記事では、姉妹だからって名前を略してありますが、(高木菜那)、(高木美帆)選手です。略す意味がわからないんですが。

スポンサーリンク
広告336

理由はアジアの冬季スポーツ普及を促す目的とモチベーション

モチベーションにもつながるようにと、メダルを複数の国・地域で分け合って欲しいということです。

順位と記録そのものは変わらないということですが、メダルはもらえないというルールです。

5位で銅メダルもらってもうれしいのかな?順位は変わらないんですよ。もらう意味がわからないと選手本人は思うんじゃないですかね?

いくら規定とはいえ、私なら恥ずかしくて表彰台に上がれませんけどね。逆に虚しくなりませんか?選手はこういうメダルが欲しいんではないと思います。よくわからないアホなルールだと思いますよ。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする