乾燥機で洗濯物を早く乾かす技と方法

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

冬や梅雨時の洗濯物が乾かない。

夏でも使える方法ですが、乾燥機を使った技になります。

乾燥機を普通に回しているのではなく、一工夫すると洗濯物の乾きが早くなる。

そもそも、冬は気温が低いので空気が水分を含める量が少ないので乾きにくい

ですので、空気が乾燥するわけで、加湿器などで湿度を高めて風邪を引かないようにとか喉をケアしたりしているんです。

なので、それが、冬の部屋干しなかなか乾かない理由です。

乾燥機や除湿機を使う方法かエアコンの温風を利用して乾かす方法もあります。

エアコンに部屋干しハンガーをつけるグッズなどがあります。

スポンサーリンク
広告336

乾いたバスタオルを一緒に入れる

少しでも早く洗濯物を乾かしたいのでやはり乾燥機を使う。

そして、「乾いたバスタオル」を一緒に乾燥機に入れるのが技です。
この方法だと水分がバスタオルの方へ逃げてくれるので、数段早く乾くようになります。

ある程度乾かしたら、サーキュレーター(扇風機)などを使って効率よく早く乾かすことで嫌な臭いの素となる菌が繁殖するのを抑えられます。

扇風機などは電気代がすごく安いので使わない手はないです。
経済的に素早く乾かして、ストレスない暮らしを。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする