こぼれる・飛び散る・ストレス解消 丸型まな板 栗原はるみ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

まな板で困るのが作業スペースが小さいこと。
切った食材が「こぼれたり」「飛び散る」という悩みがつきもの。

これって結構なストレスになります。
そんなストレスが減る丸型まな板が栗原はるみさんのブランドでありました。

一番人気の商品だそうで、みんな同じような悩みをもっているんだなーと納得。

テレビで栗原はるみさんが使っているのを見て欲しくなりました。

とても使い勝手がよくて食材によって白と紺の面を使い分けられて便利です。

少し重いですが安定感があって良いです。
みじん切りの時に野菜がこぼれるストレスが減ります。

春巻きや餃子作り・パン生地をねる時にも使えそう。

スポンサーリンク
広告336

作業スペースを広くなる「丸型まな板」

丸型まな板 栗原はるみ

丸型まな板 栗原はるみ

丸型タイプのまな板です。

中華料理店の厨房にあるような形のまな板を、栗原はるみさんもいつも使用しているという。使い勝手の良さそうな丸型まな板。

表と裏がネイビーとホワイトで色が違うので、片方は野菜・片方は肉や魚などという使い分けもできます。

丸型まな板には穴があるのでS字フックなどに掛けて収納することができる。

一般的な長方形タイプのまな板に比べ、作業スペースが広く、また回転させながら場所をかえて素早く作業ができるので便利です。

まな板が広いので、切った食材がまな板から落ちたり、こぼれたりしにくいのでイライラとストレスなく料理を調理できます。

ブランド:share with Kurihara Harumi
サイズ:直径35.0×厚1.3cm
重量:1154g
素材:ポリエチレン(耐熱70℃・耐冷-20℃)
生産国:日本