銅おろし金 職人 土井善晴 勅使河原製作所 林修 林先生が驚く初耳学

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

林先生が驚く初耳学 2月7日放送

「職人が手作業で作る銅おろし金」です。

料理人 土井善晴さんが林先生に出題。

勅使河原製作所の銅おろし金などの「職人手作りのおろし金には大根おろしを美味しくする理由がある」と出題し、林修は初耳だと認定した。

現在、銅おろし金の手作業の職人は日本国内で数名しかいない。

これはすごい。

銅おろし金 職人手造りおろし金 林修

一般的なプラスチックのおろし金では大根おろしは水っぽくなってしまう。

それは、細胞を潰して水分が出てしまうから。

しかし、職人が刃を1本ずつ立ち上げる目立ちをしたおろし金は大根を細かく切る状態になり細胞を壊さないので水分が出ず、栄養価も高い。

大根おろしは巻きすの上で自然と水気を切ることでふんわりとした口当たりになるという。

和の鉄人 道場六三郎さんも職人の手作り銅おろし金を使用しているのは有名だ。

職人が作った銅おろし金は全くの別物で全然違うという。

スポンサーリンク
広告336

職人が作る!手作り「銅おろし金」

楽天市場 >  大矢製作所 銅おろし金

Amazon > 大矢製作所 両面平型おろし金

職人が立てた刃は一見するときれいに揃っているように見えるが、実は間隔や高さが微妙に不揃いになっている。

そのため、おろす度にさまざまな面があたり、大根の向きを何度も変えることなく軽い力でスムーズにおろすことができる。

プロの料理人や料亭・料理屋が使うプロが使う手造りおろし金です。

すごく美味しい料亭の大根おろしがご家庭で楽しめます。

凄く欲しいです。