沖縄県の諸見謝(しょみじゃ)慎さんが作る巨大ピーマン 鉄腕ダッシュ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日テレ「鉄腕ダッシュ」5月29日放送からの情報です。

出張DASH村は、沖縄県ピーマンを特集!沖縄といえばトロピカルフルーツのイメージがありますが、ピーマンの栽培には適した環境だという。

そして向かった先は、沖縄県の野菜品評会で金賞を受賞した若手のホープ!諸見謝(しょみじゃ)慎さんのピーマンを育ててるビニールハウス。すごく綺麗なピーマンが出来ている。

諸見謝さんピーマン JAおきなわ 鉄腕ダッシュ
ホームページ:JAおきなわ

それも通常の3倍の大きさの特大ピーマンでした。気になるお味は、とてもみずみずしく、ほんのり甘い、ピーマン独特の苦味が少ないそうです。子どもが苦手とする苦味が少ないので子供受けはいいそうです。

苦味が少なく育つ秘密は、土で「ジャーガル」と名付けられた、ゴツゴツとした沖縄特有の土にあるそうです。粘土質が強くて、乾燥すると硬くガチガチになるので、耕起する時は、トラクターも跳ね返すくらいだという。

ジャーガルは、ミネラル豊富や貝、サンゴの死骸を多く含み、栄養が豊富でピーマンの木が元気に育ち光合成も活発になり苦味の少ないピーマンになるという。

しかし、ジャーガルは硬い土なので根が張らない、そこで、乾燥したサトウキビを硬いジャーガルに混ぜ込むと土に程よい隙間が生まれ、そこに根が入り込み、たっぷりと養分を吸い込むことができるそうです。

また、赤く完熟したピーマンの糖度はいちご並みだそうです。
ホームページ:鉄腕ダッシュ

ぜひ、諸見謝慎さんのピーマンを食べたいですね。

[map addr=”八重瀬町具志頭”]

スポンサーリンク
広告336