2玉300万円の夕張メロン 店頭で試食になる 兵庫県・尼崎市のスーパー「くらし快援隊」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

北海道札幌市の市場であった初競で、2玉300万円の史上最高値をつけた、夕張メロンが30日、競り落とした兵庫県尼崎市のスーパー「くらしの快援隊」中央店の店頭で試食に出されることになった。

300万円夕張メロン 店頭で試食に 場所は?

出典:朝日新聞デジタル

2玉300万円の夕張メロンはネットオークションに出品していた。それぞれ約10万8千円と約5万5千円で落札されたが、約10万8千円で落札した人からキャンセルの申し出があった。

そこで、無駄にするわけにいかないと、急きょ試食会を開くことになったという。

試食会は30日午後3時から、尼崎市神田中通4丁目の中央店で開かれる。キャンセルされた1玉のほか、同じ日に競り落とした別の6玉も一緒に試食用に用意するという。

そもそも300万もする夕張メロンをネットオークションにかける意味があるのだろうかと思ってしまう。たかが知れてる値段でしか落札されないのはわかっているし、ネットオークションで話題になり店頭に人が押し寄せるということも少ないだろう。宣伝効果が薄いと思う。それならば、はじめから店頭でお披露目する方がよっぽど宣伝効果は大きいのではないかと思ってしまう。

初競りだからの値段であり、同じ場所で収穫される夕張メロンとさほど変わらないのでしょう?1玉150万円はやり過ぎだろうに。

スポンサーリンク
広告336