山うにとうふ 糖の吸収を抑え血糖値の上昇を抑える血管が若返る食材 サタデープラス

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

テレビ「サタデープラス」5月21日放送からの情報です。

Dr.プラスというコーナでは血管若返り食材を紹介していました。

血管に良いと紹介されたのは「山うにとうふ」です。

番組で解説してくれたのは、スーパードクター:白澤抗加齢医学研究所 所長 白澤卓二ドクターです。

スポンサーリンク
広告336

樫の木豆腐?山うにとうふ?

「樫の木豆腐」といい、名前の由来は「固い豆腐」から来ています。

固いだけじゃありません。栄養素の塊、たんぱく質の塊です。

普通の豆腐の3倍の栄養が凝縮されている!

そして、その樫の木豆腐を800年の歴史!スーパー豆腐にしたのを「山うにとうふ」という。

スーパー豆腐を作っているのは熊本県の五木村です。

番組では村の中心にあるという「道の駅 子守唄の里 五木」

震災の影響が少なかったためすでに通常の営業を行っています。

グリシニン

豆腐などの大豆に含まれるグリシニンは、動脈硬化の原因となる中性脂肪やコレステロールを下げる。

樫の木豆腐は、グリシニン(たんぱく質)が通常の豆腐の3倍入っている。

樫の木豆腐をスーパー豆腐にした「山うにとうふ」

楽天市場 > 山うにとうふ

Amazon > 山うにとうふ

Yahoo!ショッピング > 山うにとうふ

五木屋本舗で昔から伝わる伝統の保存食「山うにとうふ」を作っている。

海のウニのように濃厚でクリーミーな食感と味がするということで「山うにとうふ」と名付けられた。

樫の木豆腐を乾燥させて秘伝のもろみ味噌に半年間漬け込む。

山うにとうふ
800年前、平家の落人が保存食として豆腐の味噌漬けを作ったのが始まりだという。

発酵食品(味噌)と豆腐の組み合わせで豆腐にない栄養が加わるので、山うにとうふは栄養バランスがとても良いという。新たに加わる栄養素は、お味噌の中に入っている栄養素の中でビタミンBというのは脳の活動とか機能に非常に重要だと先生はいう。

山うにとうふは、血管を若返らせる「豆腐」+脳を活性化させる「味噌」が入ってるスーパー豆腐だった。