このあと どうしちゃおう ヨシタケシンスケ 発想絵本 第3弾

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

ヨシタケシンスケさんの絵本「このあとどうしちゃおう」。

絵本業界では1万部でヒットのところ、発売すぐ発行部数10万部を記録しちゃった話題の発想えほんです。

発想絵本第3弾。

スポンサーリンク
広告336

このあと どうしちゃおう ヨシタケシンスケ

楽天市場 > このあと どうしちゃおう [ ヨシタケシンスケ ]

Amazon > このあと どうしちゃおう

発想えほん第三弾
ヨシタケシンスケが「死」をテーマに挑む。

おじいちゃんは、しぬのがこわかったのかな?たのしみだったのかな?しんだおじいちゃんのノートをひらいてみると・・・。

しんだらどうなる?どうしたい?しんだあとのこと、生きてる間に考えてみようというヨシタケシンスケの発想えほんです。

ヨシタケシンスケ
1973年神奈川県生まれ。絵本デビュー作「りんごかもしれない」で第6回MOE絵本屋さん大賞1位、第61回産経児童出版文化賞美術賞、「りゆうがあります」で、第8回MOE絵本屋さん大賞1位など、数々の賞を受賞し、注目を集める。

素晴らしい!笑いあり、すごく深さもあり、感動あり!期待を裏切らない一番面白かったと話題の絵本です。

このあと どうしちゃおう
発売日 2016年4月22日
著者/編集 ヨシタケシンスケ
出版社 ブロンズ社
サイズ 絵本