大腸がん死亡率低さ日本一の愛媛県 その秘密は食べ物!?ゲンキの時間

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

TBS系テレビ「ゲンキの時間」5月8日放送からの情報です。

大腸がんの死亡率が低い都道府県ランキングで、男性第1位が愛媛県、女性第2位が愛媛県で日本一低い県になっている。

その秘密は食べ物にあるのか。

番組では専門医に聞き謎に迫った。

スポンサーリンク
広告336

大腸がんの原因

そもそも大腸がんの原因は、動物性脂肪の摂り過ぎと考えられている。

なぜ?
動物性脂肪を摂り過ぎると、腸内での消化を助けるため胆汁が大量に分泌される。

その胆汁が腸内細菌と結びつくことで、大腸がんの原因になると考えられている。

大腸がんの死亡率を下げていると思われる食べ物

さきほど、肉をたべすぎることで大腸がんになるリスクが増えるという話だが、愛媛県の人たちは肉を食べていないのか?ということになる。

まったくそんなことはなく、普通に肉を食べている。

カギを握るのは「食物繊維」だという。

柑橘系

愛媛県といえば柑橘類の生産量日本一、実は柑橘類には食物繊維が豊富に含まれているので腸内環境に良い働きをするという。

愛媛県は鯛の養殖が日本一で、普通に食べられている。
鯛などの魚にはEPAが豊富に含まれている。

EPAには腸管の粘膜を修復したり炎症を抑えたりする働きがあるという。さらに鯛に含まれるビタミンE6は、大腸がんのリスクを低下させるという研究結果もあるそうです。

はだか麦

一般的に使う味噌は米味噌ですが、愛媛の人が使うのは麦味噌がほとんどだという。

麦味噌の原料は、愛媛県が生産量日本一という「はだか麦」です。

送料無料!麦味噌愛媛県産

はだか麦はには食物繊維が含まれるが、注目は「βグルカン」という水溶性食物繊維です。

食物繊維は不溶性と水溶性があり、理想は2:1で、不溶性は食事で摂りやすいので水溶性の食物繊維を意識して摂ることが大切だという。

さらにβグルカンは免疫力アップ、コレステロールをさげるというデータがある。

米の味噌と比較しても食物繊維とβグルカンの量が多く含まれる。

麦味噌は、はだか麦に麹菌を入れて発酵させるが、麦味噌の麹菌にはアミラーゼという分解酵素が多く含まれ、腸内のビフィズス菌など善玉菌の活動を活発化させる働きがあると言われている。

麦味噌が手に入りにくい場合は、キウイフルーツで摂るのでもいいです。

キウイの食物繊維は、不溶性と水溶性が2:1で理想的なバランスです。

そして、キウイフルーツも愛媛県が生産量日本一。

今治タオル体操

愛媛県は沿岸部は特に急な斜面に囲まれていて平地部が少ないため、段々畑が作られている。

こうした土地柄からよく歩いて運動になるため、腸にはとても良い環境になる。

今治では名産の今治タオルをつかった体操があり、老若男女を問わず広く親しまれている。

特に身体をひねったり横に倒したりする運動は下降結腸を刺激し、前屈はお腹が動くことで腸全体を刺激します。

運動で副交感神経を刺激することで腸のぜんどう運動も活発化するそうです。

愛媛県は、腸内に良い食べ物や環境がそろっている県だった。

番組ホームページ:ゲンキの時間

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする