東洋水産とウェザーマップが共同開発「冷し中華前線」2016

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

今年2016年も株式会社ウェザーマップ(本社:東京)と東洋水産株式会社(本社:東京)と共同で、全国の今年の冷し中華の始め時を「冷し中華前線」として発表しました。

冷し中華前線とは?

これは、従来真夏に食べるイメージのあった冷し中華ですが、本来の「食べ始め時」はいつ頃なのかということを消費者の皆さまにお伝えできればという考えから生まれたものです。

冷し中華前線 ウェザーマップ 東洋水産

出典:ウェザーマップ

ウェザーマップの記事を見ると、冷し中華前線は、昨年よりも勢いを増して一気に北上?と書いてある。

今年と昨年の形状は似ているが、食べ始めとなる前線到達の時期に違いが見られるという。

鹿児島では昨年が4月1日だったが、今年は4月7日で少し遅いが、本州への前線到達はそれに対して早くなっている。

ウェザーマップ所属の気象予報士の久保井朝美さんは、

昨年からの暖冬の流れを汲んでこの春も全国的に高温を維持すると予想されるため、冷し中華前線は昨年に比べると、スタートが1週間程度早くなるところもあり、西日本から東日本の太平洋側ではゴールデンウィークに入る前頃には冷し中華の食べ頃を迎える見込みです。夏は、特に西日本は暑くてムシムシした気候になりそうですので、サッパリした冷し中華がより美味しく感じられそうです。

とのこと。

今日は5月5日、実際は皆さんの地域は冷し中華前線は来ていますか。

うちの方は、4月後半から今日まで暑い日や肌寒い日など気温の変動が激しい感じではありましたが、ちょうど予想日くらいに冷し中華前線が来ています。

ほぼ当たっている結果となっています。

エアコンをクーラーにしないと暑い日もあったり、まだ食べてないけど、冷し中華がおいしい季節になりました。

近くの飲食店では、恒例の冷し中華始めましたの看板はまだ見当たらないですが、メニューにあったら食べてこようと思います。

スポンサーリンク
広告336
広告336
関連コンテンツ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告336