秀玉 マルゲリット・マリーラ 梨・洋梨 マツコ 月曜から夜ふかし

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 0

日本テレビ「月曜から夜ふかし」10月24日放送からの情報です。

月曜から夜ふかし「マツコにとれたてを食べさせてあげたい件」。

今回は、「梨」です。スタジオには、ふなっしーが来てくれました。

実は、マツコさんとふなっしーは初共演!

スポンサーリンク
広告336

今採れる極上梨 9種類をご用意

秋の梨祭りを開催。

梨の起源は約6600万年前で、中国で化石が発見。その後、西は洋梨、東は和梨となった。

日本では、奈良時代には食べられており、江戸時代には100種類以上あったといわれている。当時のまま残る数少ない品種が「長十郎」、「二十世紀梨」です。

代々、長十郎を作り続ける梨農家(宮城県利府町 観光協会観光梨園)、伊藤英樹さんに特徴を聞くと「歯ごたえがしっかりして、甘みも結構強めに出る。ガリガリっていうか、その食感が好きな消費者が案外いるので、その人の為にあえて作らせてもらってます」。

しかし、生産数は梨全体の約1%ととても希少な梨といえる。

二十世紀梨からさまざまな品種が誕生「幸水」「新水」「豊水」これらは三水と呼ばれ梨業界を牽引している。現在でも梨全体の約7割を占めている。

そして、この三水からも数多くの梨が生まれている。

「南水(長野県オリジナル品種)」長野県 細田ヤマホ農園の細田幸治さんによると「非常に糖度が高い梨なんで、甘いですね」。

一般的な梨の糖度は13度、南水の糖度はおよそ15度とかなり高い。甘さを求める方々にオススメ。

「秀玉」育てるのが難しい。生産数は梨全体の約0.1%です。幻の梨です。山形県 三浦八右ェ門 三浦雅明さんによると「食べたことがないような味っちゅうことで、お客さんがそういう表現をしてくれる。そのくらいインパクトがあるっていうことは確かなんだよ」。

秀玉 梨 希少な梨 マツコ 月曜から夜ふかし

楽天市場で「秀玉 梨」を探す。


人によっては、梨を食べているのにマスカットの香りがするという。

さらに三水を親にもつ、新潟県の「新美月」と「新王」に栃木県特産の「にっこり梨」もご用意。

さらに洋梨から「マルゲリット・マリーラ」。その大きさは有名なラ・フランスよりも2倍くらい大きい。山形県 阿部果樹園 阿部智彦さんによると「ラ・フランスとかよりもスッキリとしたサッパリとした甘さ。市販されてるのを見た事がないので、本当、貴重な品種だと思います」。生産量は日本で作られる洋梨全体の約3%。贈答用で毎年売り切れる貴重な品種です。

とても美味しそうでした。久しぶりにみたけど、ふなっしーの動きはキレがいいね。